熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

睡眠に関する知識 睡眠不足解消

寝付きが悪くて眠れない!眠れない時の原因と対処法

投稿日:2015年6月29日 更新日:

008翌日に重要な用事を控えているため早く眠ろうと布団に入ったのに、どうしても眠れない…。誰もが一度はそのような経験をしたことがあるはずです。眠らなければと焦れば焦るほど、余計に眠れなくなってしまうもの。しかし、眠れない時の対処法を知っていれば、万が一のときにも安心できます。

今回は、眠れない時の原因と対処法をご紹介します。しっかり原因を見極め、積極的に対処法を取り入れることで、これまでとは別人のように寝付きが良くなるかもしれません。

 

眠れない原因は?

眠れない主な要因は5つあります。

1つ目は、環境です。光や匂い、音、温度や湿度が不快だと、当然寝付きも悪くなるでしょう。

2つ目は、体の冷えです。体が冷たいままだとリラックスできず、なかなか眠りに入れません。

3つ目は、心理的なストレスです。次の日の重要な仕事や試験など、プレッシャーが掛かる出来事をイメージすることによって、不安や緊張で眠れなくなる場合があります。

4つ目は、体内リズムの乱れです。夜勤や時差ぼけの他、食事、運動などの生活のルーティンが乱れると体内リズムが崩れ、眠りにくくなってしまいます。

5つ目は刺激物です。寝る前に摂取すると、眠りに入りにくくなり、眠りの質を下げてしまうものがあります。

それでは、それぞれの原因ごとの対処法をご紹介します。

 

【すぐに効く対処法1】寝室の環境を改善する

008-1「環境」の改善は、手軽に行いやすく、効果も出やすい不眠対処法です。強い光が目に入ると入眠が妨げられるため、スマホやパソコンの輝度を落としたり、部屋の照明を暗くしたりするなどの方法で対処できます。

部屋の匂いが気になる場合は、リラックス効果のある香りを取り入れましょう。

近隣の騒音が眠りを妨げている場合は、耳栓などで騒音を遮断したり、眠りを誘う音楽を流したりすることをおすすめします。

また、寝具や寝間着が合わないことが原因で睡眠の質が下がることもあります。肌触りの良い寝具や着心地の良い寝間着に変えると、驚くほど深く眠れるようになるかもしれません。

YouTubeで500万回以上も再生されている「眠りやすくなる音楽」

【すぐに効く対処法2】身体を温める

008-2体の体温が下がるタイミングで、人は睡眠に入りやすくなります。つまり、元々の体温が低い状態で布団に入ると、スムーズに入眠することができません。体を温めるためには、部屋全体を暖める、湯たんぽでお腹や足先を温めるなどの方法が効果的です。

パソコンなどで目を酷使している方は、ホットタオルを目の上に置くと、目の疲れをとりながら体を温めることができます。市販のホットアイマスクを利用すると手軽なため、忙しい方にもおすすめです。

ホットミルクやココアを飲んだり、ストレッチをしたりして、中から体を温めても良いでしょう。

 

【すぐに効く対処法3】頭を休ませる

008-3不安や緊張などの心理的なストレスを作り出さないために、頭を休ませましょう

瞑想を行えば精神をリラックスさせる上で大きな効果があります。うまく出来ない場合は、深呼吸を繰り返すだけでもリラックス効果があります。それでも心配事が消えない場合には、不安や悩みをそのまま紙に書き出すだけでも、頭を整理できるはずです。

 

【すぐに効く対処法4】体内リズムを整える

体内リズムと睡眠は密接に関係しています。まずは起床時間を一定に保ち、目覚めたらすぐに日光を浴びるように心掛けましょう。バランスの取れた食事を1日3回同じ時間に摂る、適度な運動を習慣付けるなどすれば、体が本来のリズムに近づき、夜に自然な眠気が訪れやすくなります。

 

【すぐに効く対処法5】刺激物の摂取を避ける

就寝前の刺激物の摂取は控えてください。特にコーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを多く含む飲物やアルコール、タバコの摂取を減らすと効果が大きいはずです。コーヒー等に含まれるカフェイン、タバコに含まれるニコチンには覚醒作用があるため、眠る前に摂取すると安眠を妨げます。また、アルコールを摂取すると寝付きは良くなりますが、睡眠の質が悪化し、夜中に目覚めやすくなります。

眠れない時の原因と対処法をご紹介しました。

不眠の原因はさまざまです。そのため、良い眠りを得るためのコツも人によって異なります。まずは過去の経験を思い出して不眠の原因となっているものを探し、「自分はどのような環境でグッスリ眠れるのか」を見極めることが大切です

 

なかなか寝付けない、不眠症の人はアロマオイルを試してみては如何でしょう?

安眠効果のあるアロマはラベンダーやカモミールローマン、マジョラム、、他にも安眠効果のあるアロマはいろいろあります。
じぶんにあった香りを見つけるのも楽しいものです。

アロマライトとは、電球の熱でアロマオイルを温めて香りをお部屋に広げるアロマグッズです。
危険性も低く、とてもおすすめです。

イデアレーベル 陶製 セラミックアロマライト
http://kagu.komesan.jp/shopdetail/000000001294/ct245/page1/order/

ウッドアロマディフューザー
http://kagu.komesan.jp/shopdetail/000000001292/ct245/page1/order/

-睡眠に関する知識, 睡眠不足解消
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

睡眠不足は肥満の原因に!睡眠によって増減するレプチンとグレリンの作用

「睡眠時間は肥満と関係がある」と聞くと、驚く方も多いかもしれません。しかし睡眠不足が肥満につながることは、科学的に証明されています。睡眠不足が肥満につながる大きな原因は、睡眠によって増減するホルモンの …

レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す!眠りのメカニズム

睡眠において重視すべき点は、睡眠時間の長さだけではありません。時間の長さと同じくらい、睡眠の質も大切です。そして「質の良い睡眠」には、法則性があります。 睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類 …

吸湿性に優れた枕

最適な高さ・硬さは?自分に合った枕選びのポイント

  なかなか寝付くことができない方や、起床時に疲れが残っていると感じている方も大勢いらっしゃることと思います。みなさんは良い睡眠がとれない原因を、生活環境や仕事の中ばかりに求めてはいませんか …

究極に眠れる曲5選はコレ!快眠に役立つ熟睡と音楽の関係性

どうしても夜寝つけない。そんな時にリラックスできる音楽をつけてみようと思った経験ありますよね。 でも眠れる曲ってどんなものがいいのかわからないし、そもそも音楽をつけて寝つきが良くなるのか疑問に思うこと …

「寝溜めは効果なし」はもう古い!睡眠不足解消の正しい寝溜め

これまで長い間、「寝溜め」には意味が無いと言われてきました。しかし最近は、寝溜めの効果が見直されています。とは言うものの、効果のある寝溜めもあれば、そうでない寝溜めもあります。平日十分な睡眠時間が取れ …