熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

寝具に関する知識 睡眠に関する知識

ダニ・カビを防いで清潔を保つ!覚えておきたいマットレスのお手入れ方法

投稿日:

母親と子供、3人で横になって眠る

より良い睡眠を得るためには、部屋の明るさや音、温度や湿度の調整も必要ですが、寝室を清潔に保つことも必要です。しかし、マットレスは布団のように丸洗いができません。そのためお手入れ方法が分からず困っている方も多いのではないでしょうか。

マットレスのお手入れを怠ると、ダニやカビが発生してしまいます。「自分の体の下にダニやカビが繁殖していると思うと安眠できない…」という方もいらっしゃることでしょう。

また、ダニやカビが原因でアレルギー症状が引き起こされることもあります。抵抗力の弱い子どもやお年寄りがいる家庭では特に、長い時間を過ごす寝室のダニ・カビ対策は必須です。そこで今回は、ダニやカビからマットレスを防ぎ、清潔を保つためのお手入れ方法をご紹介します。

マットレスのメンテナンスの基本とは?

青空と白い雲、光る太陽マットレスは1~3ヶ月に一度、上下又は表裏の変更を行いましょう。部分的なへたれを防止するためです。

また、マットレスに敷いたベッドパットやシーツ、カバーの交換は小まめに行なってください。人は寝ている間に、コップ1~3杯の汗をかくと言われています。ベッドパットやシーツを交換しないと雑菌が繁殖するもととなるだけでなく、汗の水分や塩分がマットレス内のコイルを痛めることにもつながってしまいます。

そして、3ヶ月に1度はマットレスを日光に当てましょう。出来ない場合は、窓を開ける、扇風機を利用するなどの方法で部屋の湿気を取ってください。部屋やマットレスの湿気を取ることによって、カビやダニの発生を抑制できます。

マットレスの性能を長持ちさせるために、このような日々の基本的なメンテナンスをきちんと行いましょう。

 

ダニの死骸対策には掃除機がけを!

しっかりとメンテナンスをしていても、ダニが発生してしまうこともあります。マットレスに発生したダニの死骸や糞を取り除くために、定期的にシーツなどのカバーを外し、マットレスの表だけでなく裏や側面にも、しっかりと掃除機をかけましょう。縦方向だけではなく、横方向にもゆっくりとかけてください。ダニの集まりやすい頭や足元が触れる部分や、縫い目の凹んだ部分は、特に念入りに掃除機をかける必要があります。

ダニは鍵状の足で繊維にしがみつくため、5分間徹底的に掃除機をかけても、生きているダニを20%しか取り除けないといわれています。しかし、マットレス表面のダニの死骸や糞を取り除く上で、掃除機がけは効果的です。

マットレスに掃除機をかける際は、なるべく吸引力の高い掃除機を使用しましょう。必ずしも布団専用のクリーナーにこだわる必要はありませんが、専用のクリーナーを使用した方がアタッチメントを交換する手間を省け、布団専用の機能が付いているため使い勝手が良いでしょう。

便利アイテムでダニ・カビが繁殖しにくい環境作り

オシャレで清潔な部屋ダニの死骸や糞は掃除機で取り除くことができます。それでは、生きているダニはどのように取り除けば良いのでしょうか?

生きたダニを取り除く方法の1つとして、ダニ捕りシートがあります。マットレスやベットパットの上に置くだけで使用でき、非常に手軽です。

また、ダニやカビは埃の中でも繁殖します。柄の長いフローリングワイパーなどを使用して、埃がたまりやすいベッドの下の掃除を怠らないようにしましょう。さらに、ダニは湿度70~80%のときに最も繁殖しやすくなるため、マットレスの下にすのこや防湿シートを敷き、湿気がたまりにくいように工夫することも大切です。

 

食べ物などをこぼしてしまった場合には

ベッドの上でコーヒを飲む白いワンピース姿の女性マットレスの上に食べ物をこぼしてしまったり、ペットや子どもがおしっこをしてしまったりする場合もあるでしょう。マットレスにこぼれた食べ物や水分を放置してしまうと、カビが発生してしまいます。

そのような場合は応急処置として、水分を含ませ固く絞ったタオルで汚れた部分を叩き、汚れをタオルに移してください。ある程度移しきったら、薄めた中性洗剤をマットレスの汚れた部分に浸透させます。その後しばらくたったら拭き取ってください。

なお、この方法はあくまで応急処置であるため、その後も臭いや衛生面が気になる場合は専門業者にクリーニングの依頼をすることをおすすめします。

 

 

おわりに

ベッドの上や布団の下に敷くマットレスをダニ・カビから防ぎ、清潔を保つためのお手入れ方法をご紹介しました。清潔なマットレスを使用することによって安心感も生まれ、ぐっすり眠ることができます。マットレスを正しくお手入れすることによって、より快適な睡眠環境を作ることができるはずです。ぜひ、今回ご紹介した方法を実践してみてください。

-寝具に関する知識, 睡眠に関する知識
-, , ,

執筆者:

関連記事

毛布は布団の上?布団の下?暖かさを保つ正しい毛布の使い方

快適な眠りのためには、気温に合わせて睡眠時の暖かさを調整する必要があります。肌寒い季節になると、掛け布団に毛布を1枚プラスするという方も多いことでしょう。暖かさを保つ上で重要なポイントが、毛布の使い方 …

朝寝坊で「死にたい」?!繰り返さないためにはこうすべし!

絶対に朝寝坊しないためには?朝起きられない原因と対処法

どんなに頑張っても朝起きられない、目覚まし時計をいくつ使っても効果がない……そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。 朝寝坊で遅刻してしまい、自己嫌悪に陥った経験がある方もいらっしゃるかも …

睡眠不足は肥満の原因に!睡眠によって増減するレプチンとグレリンの作用

「睡眠時間は肥満と関係がある」と聞くと、驚く方も多いかもしれません。しかし睡眠不足が肥満につながることは、科学的に証明されています。睡眠不足が肥満につながる大きな原因は、睡眠によって増減するホルモンの …

パステルカラーの配色

遮光?防音?保温?寝室に最適なカーテンの選び方

質の良い睡眠をとるためには、自分に合った寝具を使用するだけでなく、寝室を心地良い環境にすることが大切。家具を柔らかい色味でまとめたり間接照明を取り入れたりするのも良いですが、寝室のカーテンを適切なもの …

ソファーベッドで快眠できる?メリット・デメリットと選び方

ソファーベッドでは気持ちよく眠れない? リビングや寝室に置いてソファーとしてもベッドとしても使うことができるソファーベッド。ひとり暮らしの方や狭い部屋で生活している方は購入を検討したこともあるのではな …