熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

寝具に関する知識 睡眠に関する知識

腰や肩に負担をかけない!寝具を選ぶ際に知っておきたい体圧分散とは

投稿日:

本を開きながら腰に手を当てる苦悶の表情の女性

ぐっすり眠れない、起きると体が痛い、眠りが浅いせいで朝から疲れているなど、眠りにまつわる悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?悩みの原因は、もしかすると寝具にあるかもしれません。

しかし、寝具は新しいものに変えれば良いというものではありません。腰や肩に負担をかけない適切な寝具を選ぶ必要があります。

ここでは快眠のための寝具選びを「体圧分散」のキーワードに着目してご紹介します。

 

よく眠れる寝具の条件とは

カジュアルな部屋にあるベッドぐっすり眠れる寝具に必要な条件は、「快適な寝姿勢」をとりやすいことです。

人は1日の30パーセントほどを睡眠時間に費やしています。この間ずっと負荷の掛かる姿勢をとり続けていると、質の良い睡眠をとることが難しいばかりか、体の不具合にもつながりかねません。

快適な姿勢をとることができる寝具のポイントは3つあります。

【1】必要以上に寝返りを打たなくて済む

【2】背骨のS字カーブが維持できる

【3】軟らかすぎず硬すぎず適度な弾力性で、しっかり体を支えてくれる

この3つのポイントに共通するキーワードが「体圧分散」です。

 

「体圧分散」って何?

体圧とは、睡眠時に体へ掛かる圧力のことです。体圧は寝具に接している首や肩、腰などに集中する傾向があります。このような体圧が高い部分では血管が圧迫され、痺れや痛み、違和感などが引き起こされやすくなってしまいます。

しかし逆に言えば、体圧を分散すれば血流がスムーズになり、痺れや痛みから解放されて快適な睡眠をとりやすくなるということです。

 

体圧分散と深い関係がある「寝返り」

体圧の一極集中は体の不調につながるもの。しかし人の体は良くできたもので、寝ている間でも自然に「寝返り」を打ち、体圧を分散しようとします

ただし、寝返りにはデメリットもあります。あまり寝返りが頻繁になると深い眠りが妨げられ、質の良い睡眠からは遠ざかってしまうのです。

体に合っていない寝具を使用していると体圧を分散するための寝返りの回数が自然と増え、その結果眠りが浅くなってしまいます。

 

理想的な姿勢は「S字カーブ」

ヨガをする女性横から見たときに背骨が緩やかなS字ラインを描いている姿勢が、体にとって最も負担の少ない姿勢です。理想的なS字ラインは、首がやや前傾で胸椎は背中側にカーブを描き、腰椎がお腹側に寄っています。背骨がS字ラインを描いている状態が理想的であることは、寝ているときも同様です。

また、眠っている間の姿勢は寝具に左右されます。薄くて平版な敷布団の上で眠ると体重が掛かりやすい箇所に過剰な圧力が集中し、S字ラインを維持できなくなってしまいます。

 

腰や肩に負担をかけない寝具とは

爽やかな目覚めで伸びをする女性人の体圧は大きく分けて、頭・胸・腰・足の4つのブロックごとに掛かります。腰、胸は特に重いため、柔らかいベッドマットや敷布団の上で眠ると腰と肩甲骨の辺りが沈み込んで、不自然な寝姿勢になってしまいがちです。

では、とにかく硬い寝具を選べば良いのかというと、そうではありません。硬過ぎるベッドマットで眠ると小さな血管が圧迫されて体が痺れたり、寝返りが打ちにくくなったりする可能性があるのです。そのため理想的な寝具は、体圧分散をしっかり行うことができる寝具であると言えるでしょう。最近では、体の特定の箇所に負担が掛からないように計算された製品が数多く販売されています。今後敷布団やベッドマットを選ぶ際は、ぜひ「体圧分散をきちんと考えて作られているか」に着目してください。

 

おわりに

寝具は質の高い睡眠を取る上で、非常に重要なアイテムです。眠りが浅く日中眠気が取れない方や、首や肩が慢性的に痛む方は、寝具を見直してみてはいかがでしょうか。寝具を替えるだけで、体が今までよりずっと楽になるかもしれません。

寝具は長く使用することになる可能性が高い上、毎日使用するアイテムです。後悔しないよう慎重に吟味してから購入しましょう。

-寝具に関する知識, 睡眠に関する知識
-, ,

執筆者:

関連記事

過眠の原因とは

寝過ぎてしまうのはなぜ?過眠の原因と理想の睡眠時間とは

「ついつい寝過ぎてしまうので、活動時間が減ってしまって勿体ない…」そんなお悩みを抱えている方はとても多いようです。 我々は、日々の疲れを睡眠によって解消しています。 日本人の平均的な睡眠時間は約7時間 …

ビジネスマンのお昼寝

ビジネスマンに増えているお昼寝(シエスタ)の効果とは

ビジネスマンの皆様は、お昼休みからさて、午後も頑張ろうかなというとき、眠たくなることがありますか? 眠らないように頑張っている方も多いですが、実は、昼寝はその後の業務効率を上げてくれる効果があると言わ …

吸湿性に優れた枕

最適な高さ・硬さは?自分に合った枕選びのポイント

  なかなか寝付くことができない方や、起床時に疲れが残っていると感じている方も大勢いらっしゃることと思います。みなさんは良い睡眠がとれない原因を、生活環境や仕事の中ばかりに求めてはいませんか …

ポケットコイルとボンネルコイルを徹底比較!寝心地や耐久性の違い

ベッドのマットレスにはさまざまな種類があります。その中でも一般的に広く普及しているマットレスは、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」の2つです。では、この2つのマットレスにはどのような違いがあるので …

アンティーク調の部屋に佇むベッド

安眠できるカラーは何色?寝室のカラーコーディネートにおすすめの色

十分な睡眠時間を確保しているにも関わらず熟睡できなかったり、起床後に疲れが残っていたりすることはありませんか?そのような悩みは、寝室のカラーコーディネートを変えることで解決できるかもしれません。 色は …