熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

寝具に関する知識

毛布は布団の上?布団の下?暖かさを保つ正しい毛布の使い方

投稿日:

茶色い毛布とベッドシーツ快適な眠りのためには、気温に合わせて睡眠時の暖かさを調整する必要があります。肌寒い季節になると、掛け布団に毛布を1枚プラスするという方も多いことでしょう。暖かさを保つ上で重要なポイントが、毛布の使い方です。実は、毛布をプラスするときに掛け布団の上にするか、掛け布団の下にするかによって、毛布の暖かさを保つ効果は大きく異なります

そこで今回は、正しい毛布の使い方をご紹介します。

 

毛布の位置は布団の上?それとも下?

ベッドの両隣から光るスタンドランプ羽毛布団は、布団の中の羽毛が体温を感知して膨らみ、暖かくなります。そのため、羽毛布団を使用する際は体に直接触れさせた方が良いです。羽毛に体温が伝わりやすくなり、保温効果が高くなるためです。羽毛布団と体の間に毛布が入ると体温が羽毛布団に伝わりにくくなり、保温効果が半減してしまいます。

また、毛布には熱の放出を防ぐ効果があるため、羽毛布団の上に毛布を掛けた方が熱を閉じ込められます。

冬になり本格的に寒くなってきたら、羽毛布団の上だけでなく敷き布団の上にも毛布を敷くことをおすすめします。体の下に毛布を敷くことによって、体から放出される熱が下に逃げることを防ぐことができるのです。体の下と羽毛布団の上の両方に毛布を使用することで、寒さが厳しい地域でも対応できるはずです。

しかし、羽毛布団が直接肌に触れると「冷たい」と感じてしまう方もいるでしょう。そのような場合は羽毛布団に起毛のカバーを付けると、布団に入った瞬間から暖かさを感じることが可能です。

 

掛け布団が羽毛布団以外の場合

豪奢な雰囲気のベッド掛け布団の上に毛布を掛けた方が良いのは、布団の素材が羽毛や純羊毛などの動物性繊維である場合に限られます。ポリエステルなどの合成繊維や綿でできた布団を使用している場合、布団を体に密着させても特別な効果はありません

日本では昔から綿布団を使用する家庭が多かったため、現在でも掛け布団の下に毛布を敷く習慣が残っています。しかし、昔から羽毛布団を使用している欧米では、掛け布団の上に毛布を掛けるスタイルが一般的です。日本人でも羽毛や羊毛の布団を使用する場合は、欧米風のスタイルを取り入れた方が暖かく眠ることができます。

 

毛布の素材によって使い分けよう!

多種多彩な色の毛布毛布と一口に言っても、素材はさまざまです。素材によって肌触りや保温効果、素材の特性を活かすための正しい使い方は変わってきます。

おおまかに分けると、天然繊維の毛布は体に最も近い部分、つまり掛け布団の下に使用し、人造繊維の毛布は布団の上に掛けて使用することがセオリーです。

カシミヤやシルク、ウールなどの動物性繊維が持つ、蒸れにくく熱を蓄える性質は、人肌の近くで使ってこそ効果を発揮します。動物性繊維の毛布を布団の上に掛けると、せっかくの毛布の効果を実感できなくなってしまうでしょう。

アクリルやポリエステルなどの人造繊維の毛布は熱を逃しにくい性質があるため、布団の上に掛けて使用することに適しています。人造繊維の毛布で蓋をすることによって、布団の中の熱が放出されにくくなるのです。また、人造繊維の毛布は動物性繊維の毛布と違って湿度を調整する機能がないため、肌に密着させて使用すると湿気がこもる原因となります。

なお、コットンは天然繊維ですが、放湿能力が低いため布団の下に使うと蒸れてしまいます。コットンの毛布は、人造繊維の毛布と同様に布団の上に掛けて使用してください

 

おわりに

心地よい眠りのためには、掛け布団や毛布の素材と使用方法を正しく理解することが非常に大切です。天然繊維は保温力と放湿力に優れ、人造繊維は保温力が優れているという特徴を知れば、毛布の適切な使い方が自ずと分かってくるでしょう。

羽毛やカシミヤ、ウール、シルクなどの動物性の天然繊維は肌と触れる位置で使用し、アクリルやポリエステルなどの人造繊維とコットンは天然繊維の上で使用することを覚えておいてください。

また、毛布と布団の両方が天然繊維、もしくは両方が人造繊維だった場合、それぞれの長所がうまく発揮されません。できるだけ、異なる素材のものを組み合わせて、暖かさを保つようにしましょう。

-寝具に関する知識
-,

執筆者:

関連記事

枕の選び方

自分に合う寝心地は?タイプ別枕の比較と選び方

枕にも正しい選び方があった! 突然ですが、皆さんは正しい枕の選び方をご存知ですか? もしも寝つきが悪い、寝た気がしない、朝起きた時に首が痛い…などというお悩みをお持ちなら、そういった不調は枕が原因かも …

夫婦の寝室でお互いが快適に眠れるよう気をつけたいこと

夫婦の寝室でお互いが快適に眠れるよう気をつけるポイント

みなさんは、一緒に寝ている相手が動いた振動で目が覚めてしまったり、ベッドまでの足音が気になってしまうことはありませんか? ご夫婦であれば、たいていこのような悩みを経験したことがあるのではないでしょうか …

抱き枕を活用した快適な眠りのすすめ

抱き枕はこんな方におすすめ!上手に活用して快眠を手に入れよう

みなさんは、「抱き枕」にどんなイメージをお持ちですか? 落ち着く、子どもっぽい、寝ている間にどこかにいっちゃう…などさまざまかと思いますが、最近の抱き枕は機能性も優れていることはご存じですか? 機能性 …

朝腰が痛い原因と改善

朝いきなり腰が痛くなったら注意が必要?腰痛の原因と対策

目を覚ますと突然腰に激痛が! こんな経験をした人は少なくないはずです。ここから一日が始まるという瞬間にこれでは、もはやなにもやる気が起きないばかりか、場合によってはそのまま寝床から起き上がれない、とい …

ベッドや枕だけに頼らない熟睡グッズ

おすすめの快眠グッズ10点。ベッドや枕だけに頼らず熟睡する環境づくり

あなたは普段、しっかりと眠れていますか? 不眠の方のために用意されている商品は、実は、ベッドや枕以外にもたくさん存在します。 今回は快眠の環境づくりのためのグッズを10点、ご紹介いたします。 睡眠でお …