熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

睡眠に関する知識

寝るときの服装はパジャマ派?ジャージ派?快眠に最も適した服装とは

投稿日:

健やかに眠る女性小さい頃は寝るとき専用のパジャマを着て寝ていたけれど、大人になってからはジャージやスウェットを着て眠るようになったという方も多いのではないでしょうか。

実は、寝るときの服装は睡眠の質を大きく左右します。そのため睡眠時の服装は、体を休める上で非常に重要なポイントです。しかし、寝るときの服装にこだわっている方はあまり多くありません。

そこで今回は、快眠に最も適した服装についてご紹介します。

 

パジャマとジャージ、どちらが良いのか

パジャマを着用した女性ジャージやスウェットなどは、寝る前にコンビニなどへ行きたくなった際に、そのまま外出できるため便利です。学校や会社から帰宅した後に部屋着として着用し、そのまま眠りにつける点もメリットと言えます。しかし、パジャマを着て寝たときと、ジャージを着て寝たときとでは、睡眠の質に差が生まれます

ある調査において、普段パジャマを着る習慣のない20~40代の男女30人がパジャマを着て眠ったところ、寝付きにかかる時間が平均9分程度短縮され、夜中に目覚める回数は平均0.5回程度減少しました。また、寝床に入っていた時間に対する実質的な睡眠時間の割合である「睡眠効率」も平均値がアップしたのです。このような調査結果から分かるように、パジャマは睡眠時に最も適した服装と言えるでしょう。

 

パジャマに着替えて眠りへのスイッチオン!

スイッチオン寝る前にパジャマに着替えると、起きている時間と眠る時間のメリハリを付けやすくなる効果があります。寝る前の決まった行動を「スリープ・セレモニー」又は「入眠儀式」と言います。パジャマに着替える行動も、この「スリープ・セレモニー」の1つ。毎日パジャマに着替える習慣が付けば、自律神経が交感神経から副交感神経に切り替わりやすくなり、寝付きがスムーズになります。

 

パジャマは寝ているときも動きやすい!

パジャマはさまざまな寝姿勢を考慮して作られています。寝ている間に腕を上げたり寝返りを打ったりしたときにも、伸縮性やゆとりがあるため楽に動けます

対して、部屋着によく見られるフード付きのパーカーを着て眠ると首が安定せず、寝違えにつながります。その他にも外観を気にした普段着はジャストサイズのものが多く、睡眠時に動きにくくなるため、睡眠の質を低下させてしまうでしょう。生地が厚いモコモコの素材の部屋着も同様に、睡眠時の動きを制限します。パジャマは生地が厚すぎず、体への締め付けが少ないものを選ぶことをおすすめします。

 

季節に合わせたパジャマで温度調節

温度計パジャマには、夏用のものと冬用のものがあります。夏用のパジャマは、袖が短かったり、袖口や襟の空きが大きかったりと、衣服内の熱を逃しやすい工夫がされています。反対に冬用のものは保温性が高く、寒い中でも眠りやすくなります。

吸汗性に優れた綿やシルク、速乾性に優れた最新の機能素材等を使用したパジャマもおすすめです。夏場だけでなく冬場も、人は睡眠時にたくさんの汗をかくもの。寝汗はストレスにつながりがちですが、吸汗性や速乾性に優れたパジャマを身に付ければ、睡眠時のストレスを低減できます。

部屋着によく使われるフリース素材も暖かいですが、静電気が起こりやすく免疫力の低下や自律神経の不調につながるため寝間着としてはおすすめできません。また、フリース素材の服やポリエステルのジャージは汗を吸わないため、汗を不快に感じて夜中に目が覚める可能性があります。心地良い睡眠のためには、吸汗性や速乾性に優れ、かつ季節に合ったパジャマを着ましょう。

 

肌触りにもこだわってパジャマ選びを

肌触りにこだわってパジャマを選ぶ方も多いと思います。ゴワゴワした生地が苦手な方は、柔らかい素材のパジャマを身につけて眠りにつくとリラックスできるはず。パジャマを購入する際は、お店で手触りを確かめることをおすすめします。

 

おわりに

快眠に最も適した服装であるパジャマについてご紹介しました。

人生の3分の1は睡眠時間です。長い時間着用するパジャマはこだわって選びたいもの。睡眠時の衣服を使い古しの部屋着やジャージなどで済ませてきた方も、快適な睡眠のために、ぜひパジャマを着用しましょう。睡眠の質が上がり、きっと驚くはずです。

-睡眠に関する知識
-, ,

関連記事

睡眠不足が続いて辛い。

睡眠不足が続いて辛い。解消する為の対処法10選

睡眠不足は百害あって一利なし ストレスの多い現代社会。睡眠不足に悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。悩み事があって眠れない、次の日の仕事のことを考えると眠れない、特に理由はないがなぜか眠れ …

居眠りを防ぐ効果的な眠気覚ましの方法

【居眠り防止】寝れないのに眠い時、効果的に眠気を覚ます方法

寝ちゃいけないけど、眠くて死にそう…! 学校や会社などで、「寝るわけにはいかないのに眠くて仕方ない……」という経験は誰にでもありますよね。 睡眠欲というのは人間の三大欲求ですから、抗うのは非常に困難な …

睡眠の質を向上

睡眠の質を向上するメリットと改善に必要な環境とは

毎晩の睡眠、満足していますか? 睡眠はその質によって、日中の仕事のパフォーマンスを左右します。 日々、睡眠の質が悪いなと感じてはいるものの、なかなか改善できないでいる、もしくは改善策を探しているという …

寝ても疲れが取れない!疲労回復の為に寝る前にやること10選

最近、寝ても疲れが取れないという方が非常に増えています。 睡眠時間が短い方はもちろんですが、長時間寝ても疲れが取れないという方もたくさんいらっしゃいます。睡眠の質が悪いと、長時間寝てもなかなか疲労を回 …

仰向け?うつ伏せ?横向き?睡眠時の正しい姿勢とは

睡眠は、心身の健康のために必要不可欠なものです。体の調子が悪いときや何かに悩んでいるときも、グッスリと眠れば大抵は元気を取り戻すことができます。 睡眠の質が悪かったり睡眠が不規則だったりすると、自律神 …