熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

睡眠に関する知識

安眠できるカラーは何色?寝室のカラーコーディネートにおすすめの色

投稿日:

ティーセットとベッド

十分な睡眠時間を確保しているにも関わらず熟睡できなかったり、起床後に疲れが残っていたりすることはありませんか?そのような悩みは、寝室のカラーコーディネートを変えることで解決できるかもしれません

色は人間の心理状態に大きな影響を与えます。そして、特に色がもたらす影響が表れやすい時間は睡眠時や睡眠前後と言われていることから、寝室のカラーコーディネートは非常に重要です。

そこで今回は、安眠しやすい寝室のカラーコーディネートをご紹介します。

 

カラーコーディネートの基本!色彩感情と色彩象徴

色彩折々の紙と相関図寝室を熟睡しやすい環境にするためには、まずは色彩感情と色彩象徴を意識することが大切です。

色彩感情とは「この色を見ると落ち着く」「この色はそわそわしてしまう」というような、色から受ける印象のことです。そして色彩象徴とは「緑を見ると森林を思い出して落ち着く」など、ある色が具体的な何かと結びついて連想されることです。

色彩感情と色彩象徴を理解することにより、寝室に適したカラーコーディネートが見えてくるでしょう。

 

寝室におすすめのカラーって何色?

寒色系の布地安眠するためには、眠る前に気持ちを落ち着かせる必要があります。そのため、寝室の壁やベッドのシーツに刺激が強い色を使うことは避るべきでしょう。気持ちを落ち着かせる青、茶、緑のアースカラーを基調に、寝室のカラーをコーディネートすることをおすすめします。

鎮静作用がある青は気持ちを落ち着かせ、眠りに入りやすくしてくれる色です。

また、自然の土の色に近い茶色も、気持ちをのんびりとリラックスさせてくれる効果があります。

「リラックスカラー」と呼ばれている緑は、副交感神経に働きかけ、興奮を抑えてくれます。さらに、筋肉や骨をつくる力を促進し、血圧を下げる効果も期待できます。

 

寝室を穏やかなカラーで統一しよう

「どうせ寝ている間は何も見えないのだから、寝室の色が何色であろうと睡眠に関係ない」と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし実際、眠る前に寝室で目にする色は、眠るまでの時間や睡眠中の神経の働きに大きな影響を与えます。睡眠の直前に目に入る色が青系だった場合、副交感神経が働き、スムーズに睡眠モードへと入っていきやすくなります。眠る前に赤系の色を目にすると緊張を司る交感神経が活発になり、緊張が強くなってしまいがちです。緊張状態のままでは、質の良い睡眠をとることはできません。人は、リラックスして体温が下がってきたときに眠気を感じるためです。

安眠を第一と考えるならば、掛け布団や枕のカバー、カーテンやカーペットなどを青系の色で統一することをおすすめします。家具類は、木目調やベージュなどの茶系の色でまとめるのが良いでしょう。

暖色系の色を使用したい場合は、アースカラーである茶やベージュがおすすめです。また黄色も、睡眠ホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促してくれる効果があります。あまり派手過ぎない、パステルカラー程度の強さの黄色を選んでください。

 

寝室の色の種類は少なめに

アンティーク調の部屋に佇むベッド部屋が何色もの色で満たされていると、気持ちが落ち着かなくなります。眠る前にリラックスできないと安眠できないため、できるだけ1つの部屋は3色以内でコーディネートしてください。

天井や壁、床を白や茶色、残りの一部に差し色として青や緑を使用するとリラックスでき、安眠しやすくなります。

 

 

おわりに

視覚から入ってくる情報は、五感から得る情報量のうち8割を占めると言われています。そう考えると、色が人の心身状態に大きな影響を与えることも納得いただけるでしょう。特に寝室のカラーコーディネートは、毎日の睡眠の質を左右するため、健康や仕事の効率に大きく関わってきます。

睡眠の目的は、1日の疲れを癒すことだけではありません。睡眠は、免疫力を高めて病気を治したり、肌のターンオーバーを促して美肌を作ったりする成長ホルモンを分泌する上でも重要です。1日の終りにぐっすりと安眠できれば、十分な量の成長ホルモンが分泌され、より良い健康状態を保ちやすくなります。

今回ご紹介したカラーコーディネート術を活用し、色を上手に使いこなした寝室で毎日リラックスした時間を過ごして生活の質を向上させましょう。

-睡眠に関する知識
-, ,

執筆者:

関連記事

睡眠とBGM

音楽を聴きながら寝ると睡眠の質は?就寝中のBGMについて調査

音楽を聴きながら寝るってアリなの? 寝つきを良くするための音楽CDやアプリは多く存在しますが、音楽を聞きながら寝ることは睡眠にどのような影響を与えるのでしょうか? 毎日の仕事や日々の生活のストレスから …

睡眠不足は肥満の原因に!睡眠によって増減するレプチンとグレリンの作用

「睡眠時間は肥満と関係がある」と聞くと、驚く方も多いかもしれません。しかし睡眠不足が肥満につながることは、科学的に証明されています。睡眠不足が肥満につながる大きな原因は、睡眠によって増減するホルモンの …

寝付きが悪くて眠れない!眠れない時の原因と対処法

翌日に重要な用事を控えているため早く眠ろうと布団に入ったのに、どうしても眠れない…。誰もが一度はそのような経験をしたことがあるはずです。眠らなければと焦れば焦るほど、余計に眠れなくなってしまうもの。し …

赤い縞模様と青い縞模様の洗濯物を干す

シーツ・カバーの洗濯頻度は?ベッドカバーの正しい洗い方

汗は匂いや雑菌の繁殖のもとです。人は、寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。コップ1杯の汗を、毎日ベッドに注ぐところをイメージしてください。こまめにベッドカバーやシーツの洗濯をすることの …

睡眠のゴールデンタイムは?最も成長ホルモンが分泌される時間帯

みなさんは「睡眠のゴールデンタイム」をご存じでしょうか?睡眠のゴールデンタイムとは、睡眠によって最も多く成長ホルモンが分泌され、体に良い効果がもたらされる時間帯のことです。良質な睡眠をとるためには、睡 …