熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

睡眠に関する知識

ビジネスマンに増えているお昼寝(シエスタ)の効果とは

投稿日:

ビジネスマンの皆様は、お昼休みからさて、午後も頑張ろうかなというとき、眠たくなることがありますか?
眠らないように頑張っている方も多いですが、実は、昼寝はその後の業務効率を上げてくれる効果があると言われています。
そんな、昼寝の効果と注意点について探ってみました。

昼寝のメリット

PAK85_neochinoasa20140125
昼寝に代表される短時間的な睡眠ですが、身体が保有しているいくつかの力を増強させるのではないかと言われています。1つは「体力」。あくまで短時間ですが、昼寝は午前中の疲労を取ると言われており、体力は通常の睡眠に比べると、回復力は3倍と言われています。
また、増強できる力はもう1つ「記憶力」です。アメリカでの実験ですが、昼寝により記憶力は通常の5倍にもなるとのことです。

ちなみに、身体の力とは違いますが、昼寝は健康のためにも良いとされています。
イギリスで、循環器系の研究者が血圧の高めな人約400人の短時間睡眠の効果を確認したところ、血圧が短時間睡眠しない人に比べて5%減ることがわかり、動脈や心臓のダメージを受ける割合が少なくなるということです。

ビジネスマンの方は激務でかつお付き合いもあることから、例えば40代では血圧が正常値である割合が同年代の専業主婦などに比べて低めともいわれています。
これだけのメリットを厚労省も看過してなく、2014年には午後の早い時間帯に30分以内の昼寝を行うことが作業効率の改善に効果的と報告していますので、昼寝のメリットを感じてルールを改善する企業も増えてくるのではないでしょうか。

効率のよい昼寝の方法

ビジネスマンにとって昼寝がメリットが大きいとはいえ、あくまで短時間です。そうすると、この短時間での昼寝を実現できる状況が必要です。
最近では、昼休み時間帯に、食事のあと、自席で軽く昼寝を取る方もいらっしゃいます。
もちろん、それでも十分に効果はあるのかもしれません。しかし、できれば通常に眠る際と同様に、横になって光を遮断できる環境で昼寝を行うのが眠りにつきやすく、かつ起きやすいと言われています。

お昼寝の前にいっぱいコーヒーを飲む

昼寝の前にコーヒーを一杯?

コーヒーを昼寝の前に1杯飲んでおくのも効果的とのことです。なぜなら、コーヒーに含まれるカフェインが覚醒効果をもたらすのは、身体に入ってから20~30分とされているからです。
つまり、短時間睡眠である昼寝の推奨時間と一致します。起きてからすっきりとした気分になるので、その意味でも昼寝が無駄にならないと言えます。
また、できれば昼休み時間帯よりは14時ぐらいのほうが効率的に昼寝できるとのことです。
なぜなら、そのくらいの時間が、深夜の睡眠で寝付いてから14時間経過した頃で、眠気のリズムがその周期で来ているからです。

昼寝の注意点

ビジネスマンにとって昼寝が仕事を効率的に行えるためのツールだとすると、是が非でも実践してみたい方は多いかもしれません。
そんな昼寝でも注意点があります。つまり何でも寝ればよいという話ではないのです。
注意点は4つ。

注意点1

1つ目は、昼寝の時間は20~30分にしておくことです。30分以上の睡眠は、いわゆるノンレム睡眠になってしまうので、疲れが取れるどころか、逆に疲れがたまってしまうのです。

注意点2

2つ目は、起床後ですが、昼寝をして脳が覚醒しないと、せっかくの昼寝も台無しですので、起きて数分は、日光を浴びましょう。室内の場合は、窓の近くで少し佇むとか。そうすることで脳内のセロトニンが活性化しますから、脳が覚醒して業務が捗ります。

注意点3

3つ目ですが、不眠症の方向けです。不眠症の方は、昼寝をしないほうが良いです。なぜなら、昼寝をしてしまうと、ますます、夜の眠りにつけなくなるからです。これは研究でも明らかになっています。

注意点4

4つ目は、もしストレスや激務で疲れているなら、昼寝よりはちょっとした外出のほうが疲れは取れるということです。メラトニンという睡眠を誘発する物質の生成と関係があり、外出で日光を浴びることでメラトニンが生成されにくくなるからです。その意味では昼寝も万能ではないのですね。

実は昼寝を推奨する企業が増えているって本当?

ビジネスマンの昼寝は、IBMのコンサルタントが考えた「Power nap」という言葉によって、様々な企業に「戦略的昼寝」としてあちこちで実施されつつあります。
すでに2014年に日本政府というか厚労省も、午後の早い時期の30分昼寝が作業効率を改善する旨のレポートを出しています。
そのレポートがあるわけではないですが、各企業も昼寝を推奨するところが増えてきています。

埼玉県にあるリフォーム会社は、社員に昼寝を推奨しています。
完全に自己責任にして、各自が納期を意識して業務を進められればそれで問題ないとしています。

大阪のIT企業は、昼寝に相当する単語シェスタを使って、シェスタ制度を設けています。13時から16時を昼寝に使ってよく、もしくはその時間も仕事をして早く帰るということも可能です。
このシェスタ時間帯は外部からの連絡も事実上遮断しています。

ある県庁もシェスタを導入していますが、使用した時間は年次休暇から引かれる方式を取っています。

東京のIT企業グループでは、発想を生み出す助けになるように昼寝を推奨していて、お昼寝スペースが設置されています。

グーグルやP&Gなどの外資系企業は、社員の仕事の効率アップを目的として、快眠マシンを導入しているとのことです。

まとめ

いかがでしたか?
ビジネスマンの仕事時間中の昼寝は、生理的にも間違ってなく、また仕事に必要なパワーを与えてくれたり、健康にも良いということで、企業でも昼寝を推奨したりする傾向があります。
ただ、すべての方に万能ではなく、昼寝の仕方も注意が必要です。
適切な昼寝で快適に業務をこなしましょう!

-睡眠に関する知識
-, ,

執筆者:

関連記事

寝る前の食事はなぜダメなの?

寝る前の食事がダメな理由5つ。それでも寝る前に食べますか?

寝る前には、あまり食事をとらない方がいい。こんな話を聞いたことはありませんか?おそらく美容に敏感な女性の中には、この教えを忠実に守って実際に寝る前の食事を避けているという方も少なくないでしょう。 では …

寝相が悪くなる原因とデメリット、解消法まとめ

寝相が悪いのはなぜ?子どもと大人、それぞれの原因と対処法

寝相が悪いと、身体に悪影響が… 自分の寝相は自分では把握できませんから、もし寝相が悪かったとしてもあまり関心が持てないかもしれません。しかし、寝相が悪いことは体にとっていくつものデメリットを持っている …

吸湿性に優れた枕

最適な高さ・硬さは?自分に合った枕選びのポイント

  なかなか寝付くことができない方や、起床時に疲れが残っていると感じている方も大勢いらっしゃることと思います。みなさんは良い睡眠がとれない原因を、生活環境や仕事の中ばかりに求めてはいませんか …

ショートスリーパーって何?サムネイル

少ない睡眠時間でも平気?「ショートスリーパー」の特徴

「私、1日2時間しか寝なくても平気」、「あの人は、ショートスリーパーだから寝なくても大丈夫」などなど、最近ショートスリーパーという言葉が流行してきていますよね。 このショートスリーパーというのは一体何 …

睡眠のゴールデンタイムは?最も成長ホルモンが分泌される時間帯

みなさんは「睡眠のゴールデンタイム」をご存じでしょうか?睡眠のゴールデンタイムとは、睡眠によって最も多く成長ホルモンが分泌され、体に良い効果がもたらされる時間帯のことです。良質な睡眠をとるためには、睡 …