熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

寝具に関する知識

タオルケットで快眠?メリット・デメリットとおすすめアイテム

投稿日:2016年9月9日 更新日:

どれだけ長時間眠っても体の疲れが取れない、起きた時に何だか体が重たい気がするという方は、もしかすると寝具があっていないのかもしれません。
寝具を選ぶ際、意外と見落としがちなのがタオルケットという選択肢です。タオルケットは快眠に適しているのか、そのメリットとデメリットをご紹介してまいります。

タオルケットを寝具に使うメリット

タオルケットのメリット1 重みが無く睡眠時の負担になりにくい

寝るときにタオルケットって身体に悪いの?

「何か重いものが身体にのしかかってきた……」なんて悪夢の話を聞いたことがありませんか?睡眠時に身体にかかる重みは、無意識下でストレスになり得ます。
夏場にタオルケット一枚で眠ると、とても開放的な気分で就寝することができますよね。
タオルケットは夏にしか出番がないイメージですが、そんなことはありません。冬場にタオルケットを一枚追加すると掛け布団との間に空気の層ができるため、保温効果もあるんですよ。

タオルケットのメリット2 肌触りが良い

タオルケットを使えば快眠できる!

ご存知の通り、タオルケットはサラリとしていて肌に優しい肌触りが特長ですね。
掛け布団はカバーも布素材が多く、触ると何だかちょっと硬いと思う事はありませんか?
タオルケットを体にかけて眠れば、その柔らかさに心がリラックスして快眠を得られる事でしょう。

肌触りは快眠にとって非常に大切な事です。汗をかいても肌に貼り付かないので不快感がなく、程よい快適な体温が保たれます。
高温多湿な日本の夜は、なかなか寝苦しいものがあると思います。
肌にまとわりつかないタオルケットであれば、安心して深く眠る事ができますね。

タオルケットのメリット3 洗濯機で洗える

眠れない時はタオルケットを使うと睡眠の質が上がる?

殆どの寝具は、家庭の洗濯機ではなかなか洗う事が出来ません。時々カバーだけ外して洗ったり本体を天日干し、またはクリーニングに出していても、使い続ける内に匂いが気になってしまう場合もあります。

しかしタオルケットは他の掛け布団とは違い、洗濯機でも洗える素材の物がほとんどです。
「ちょっと汗をかいたな……」という日も手軽に洗えますし、夏ならば日中2時間程度干しておくだけですぐに乾いてしまいます。
清潔な寝具には、それだけでも気持ちよく眠れる効果が期待できますね。

タオルケットのメリット4 持ち運びやすい

睡眠環境改善にタオルケットという選択肢も

掛け布団は重い物が多いので、特に女性には物干し竿にかけて干すだけでも負担ではないでしょうか。しかしタオルケットは洗濯をして多少水分を吸っていても非常に軽いため、移動や洗濯にもとても便利なのです。

車での長時間の移動や旅先などでも、いつも使っている寝具があれば寝付きやすくなりますね。“普段の睡眠環境を持ち歩ける”というのは、とても大きなメリットではないでしょうか。

タオルケットのメリット5 赤ちゃんに優しい

タオルケットは赤ちゃんのお肌にも優しい

タオルケットの素材は汗等の水分の吸収性に優れている為、赤ちゃんでも安心して使用できます。
赤ちゃんは体温が高く、寝ている間に汗をかく事が多いのです。
汗をかいて衣服と掛け布団で肌が蒸れてしまえば、発疹が出てしまう心配もあります。

しかし吸収性の良いタオルケットならば、赤ちゃんの汗もしっかり吸い取ってくれるので、いつでも肌に優しく寝かせてあげられますね。

タオルケットを寝具に使うデメリット

タオルケットのデメリット1 冷え性さんには向かない

冷え性の女性にはタオルケットでは物足りないことも

風通しの良いタオルケットですから、冷え性の人にはあまり向いていません。
特に手先や足先、お腹が冷えやすいという人ですと、夏でもちょっとタオルケットだけでは寒い、と思ってしまうかもしれませんね。

タオルケットのデメリット2 他の寝具より傷みやすい

タオルケットはブランケットより傷みやすい

タオルケットはパイル糸を使用している事が多いのですが、この糸には実は1つ難点があります。それは解れてしまいやすい、という事です。
ふわふわなバスタオルを使っていて、何度か洗っている内に糸が出てきてしまった、といった経験はありませんか?
ある程度は仕方のないことですが、傷みやすさでは他の寝具に少々劣っていると言えるでしょう。

タオルケットのデメリット3 頻繁な買い替えが必要

よく洗うので買い替えも必要

タオルケットはそれ1枚で使用できる為に汚れやすく、他の寝具よりも頻繁に買い替える必要があります。
素材によっては少し高額な物もありますから、少々コスパが高いと思うかもしれません。

タオルケットは素材で選ぶべし

タオルケットはどうやって選ぶ?
タオルケットには、リネンにガーゼ、コットンなど色んな種類があります。
それぞれ特徴も重さも吸収性、保温性も若干違いますから、どのタオルケットの素材がいいのかと色々と悩んでしまうかもしれません。
多くのタオルケットはコットン等肌触りの良い天然素材で作られていますが、稀にポリエステルや麻素材の物もあります。
ポリエステルはコットンよりも通気性が悪く、汗をかくと肌にまとわりついてしまう場合があるので注意が必要です。

麻ですと若干チクチクとした肌触りですから、そういった素材が好きな人を除くと「痛い、痒い」「肌がかぶれる」という方もいらっしゃいます。
特に敏感肌の人ですと、ポリエステルや麻といった素材はあまり選ばないほうが良さそうです。

お勧めのタオルケット3つ

上記の注意点を踏まえた、おすすめのタオルケットをご紹介いたします。

1.ふんわり素材で快眠 わたゆき

ブランド名: watairo
商品名:わたいろ わたゆき
今治産のタオルケット「わたゆき」
詳細はこちら
その名前の通り、まるで頬ずりしたくなるようなふんわりとしたタオルケットです。
空気を含む極太無燃糸をランダムパイルで織る事によって、肌触りも優しく軽く快眠に導いてくれるでしょう。

2.シルクの高級感が嬉しいタオルケット

ブランド名:Qualial
商品名:タオルケット(ガーゼ&パイル)
クオリティの高いタオルケット「クオリア」
詳細はこちら
肌にとても気持ちの良い、ガーゼ部分のサラサラ感が堪らない、いつまでも触っていたくなるシルクのタオルケットです。
柄も美しく、高級感のある模様です。

3.多彩なカラーと綿100%

ブランド名:beaute
商品名: やわらかタイプタオルケット
やわらかな触り心地のタオルケット「ボーテ」
詳細はこちら
とても柔らかいので、敏感肌の方にも赤ちゃんにも優しいタオルケットです。
勿論汗の吸収性も高いので、汗かきさんにも使いやすいですね。

タオルケットは快眠の友!

いかがでしたでしょうか?
睡眠環境を整える上では見落としがちなタオルケットですが、上手に選べばより良い睡眠環境の友となってくれそうです。
自分に合った上質なものをチョイスして、深い眠りを手に入れましょう!

-寝具に関する知識
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ピローケース選びで困った時に役立つ選び方とは

皆さんは、ピローケース(枕カバー)にどんなこだわりをお持ちですか? 枕についてのこだわりはあるけれど、枕カバーまでは…という方は多いかもしれませんね。 しかし、ピローケースは枕よりも直に肌に触れるもの …

睡眠の質を上げてくれる熟睡睡眠グッズたち

不眠のお悩み解消を手助けしてくれる!快眠を導く睡眠グッズ8選

眠れない時、どうする? 睡眠の位置づけは非常に重要なものですが、近年不眠に悩む方が増えているようです。 あれこれ不眠対策をしても眠れない……そんな人の救世主となり得るのが、睡眠グッズです。 不眠のお悩 …

マットレスにカビが!取り方と寝室での予防策

一日の疲れを取るために、良質な睡眠は欠かせないものですよね。睡眠を心地よいものにするためには、寝室の環境が重要です。しかし、家の構造や気温の差などでいつの間にかマットレスにカビが!…なんて経験がある方 …

小さい枕と大きい枕

ベッドには敷きパッドが必要?ベッドパッドの役割と使い方

日本人も、今やベッドでの睡眠が当たり前になっています。ベッドが普及したことでベッド用品もさまざまなものが販売されるようになりましたが、数あるベッド用品の中でも特に重要度が高いものが「ベッドパッド」や「 …

ベッドスプレッド?ベッドスロー?デュベスタイル?ホテルのベッドメイク術

高級なホテルに泊まると、美しくあつらえられたベッドで眠ることができます。利用者が快適に眠ることができるように工夫されたベッドは、ホテルに宿泊する楽しみの1つではないでしょうか?ホテルで過ごす際だけでな …