枕によって洗い方は違う!素材別のお手入れ方法を紹介

枕によって洗い方は違う!素材別のお手入れ方法を紹介

枕の洗い方についてご紹介!

毎日使う枕は、よだれが知らぬ間に付いていたり、汗染みが取れなくなっていたりと、汚れがつきやすく目立ちやすいもの。

いっそ洗濯機で丸洗いしたい!と思われる方は多いかもしれませんが、枕には洗えるものとそうでないものとがあります。枕には素材に適した洗剤や、干し方があるので、長く使うためにも誤った方法で洗わないようにしたいですよね。

ここでは枕を洗わないでいるとどうなるのか、枕の素材別の正しい洗い方など、枕を清潔に保つことに着目して、枕のお手入れ方法についてご紹介しています。

枕を洗わないとどうなる?

枕は洗える場合とそうでない場合がありますが、もし洗わないとしたらどんな弊害があるのでしょうか。

枕の中に雑菌が繁殖

毎日髪を洗っていても、私たちの頭には常に雑菌がいます。寝る時に髪の毛をきちんと乾かさずに寝てしまうと、皮脂水分、そしてをエサとして、常在菌を枕の中で繁殖させてしまうことになります。

枕カバーをしていても、カバーを通して染み込んでしまうので、要注意。

枕の内部まで皮脂や汗が染みこみ悪臭も発生

常在菌の繁殖は、枕の内部にまで達することがあります。

枕の内部にさらに皮脂や汗が染みこんでいくと、今度は皮脂が酸化を起こし、強いにおいを発してしまいます。

枕についた皮脂が酸化してしまうと、洗ったり日光に当てて天日干ししたりしないと、においがなかなか取れません。

肌トラブルの原因にも

枕を洗わないと異臭がするだけでなく、ニキビやかゆみといった肌トラブルにも発展しかねません。

雑菌が繁殖した部分に肌が触れると、アトピー性皮膚炎の方や皮膚が弱い方などは、接触するだけで赤み・かゆみ・吹き出物の原因につながることがあるので注意が必要です。

肌トラブルを起こさないためにも、洗える枕なら、きちんと洗って清潔にしておくことが大切になってきます。

洗える枕はどんな素材なのか?

洗える枕の素材について

枕は全て洗えるわけではなく、洗える枕とそうでない枕があります。では洗える枕とはどんなタイプがあるのでしょうか?

パイプストロータイプの枕

ストローを細かく切ったようなものが入ったパイプストロータイプの枕は、耐久性に優れ、通気性が良いのがメリットです。このパイプタイプは、何度洗っても形状に劣化が少なく、中身の変化も少ないのが特徴。

ポリエステル綿の枕

ポリエステル綿でできたタイプは、洗えるものと洗えないものがありますので、洗濯する前には、必ず洗濯タグ(洗濯絵表示)のマークを確認してから洗うようにしてください。

洗えるタイプは人工線維を使用した柔らかい感触が特徴で、多くの枕に使用されています。

ビーズタイプの枕

細かなビーズが無数に集まったものからなるビーズタイプの枕にも、洗えるタイプとそうでないタイプがあるので、洗濯タグのマークを確認してから洗いましょう。

ビーズが細かすぎるので、洗ってもなかなか乾燥しなかったり、ビーズが水分を吸収してしまい乾燥に時間がかかったりすることがありますが、洗えないわけではありません。

ビーズの中でもマルコビーンズなら、弾力性と耐久性に優れているため、洗っても形状の変化が少なく済むことが多くなっています。

洗えない枕の素材とは?

次に洗えないタイプの枕の素材について、ご説明します。

昔ながらのそばがら

そばがらは、そばの実の殻を乾燥させたものです。水を吸収しやすくカビの発生を促してしまうので、水洗いは厳禁で洗濯不可です。

そばがらの枕は3年程度が寿命とされているので、その間は天日干しをして清潔を保ちます。

天然素材だから洗えるはず?羽毛

フワフワの感触が肌に気持ちいい羽毛の枕。中の羽毛は水鳥から採っているから洗えるはずだと思っている方も多いのではないでしょうか。

羽毛は洗うと羽に弾力が無くなり、羽根自体が折れて細かくなってしまうため、洗濯は厳禁。

清潔を保つには、陰干しをしておくことがベストになります。

人気の低反発ウレタン

独特の感触が人気の低反発ウレタンも、残念ながら洗うことができません。

低反発ウレタン素材は水分を吸収すると、加水分解が起こり、重い塊のような状態に。これは二度と元に戻ることはないので、くれぐれも洗濯をしないようにしてくださいね。

枕の正しい洗い方

枕の正しい洗い方を教えます!

洗えるタイプの枕なら基本的に洗濯機を使って洗っても大丈夫。ただしちょっとしたコツがあります。

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗う場合には、洗濯表示を確認してから他の洗濯物とは別にし、枕を洗濯ネットに入れてから洗濯槽に入れて洗います。

中性洗剤を使用しますが、この時枕に直接かからないように、洗濯槽の横から流しこむように入れるのがポイント。洗濯コースは弱めを選んでください。

手洗いの場合

洗濯機マークの絵表示が洗濯不可になっている時は、手洗いにしましょう。

洗い桶か、洗面器・浴槽に40℃程度のお湯をはり、中性洗剤を混ぜて枕を沈めて軽くもみ洗いを行います。

もみ洗いが終わったら、洗剤が残らないようすすぎ洗いを丁寧に。

脱水をする時も、手で水を押し流すようにして、繰り返し脱水を行います。

干す時は1~2日程度じっくり陰干しをして水分を飛ばすか、乾燥機が使えるものは、乾燥機を使ってふっくらと仕上げていきます。

完全に乾かしておかないと、カビが生えたりにおいや雑菌の原因になったりするので注意。

洗えない枕を清潔に保つ方法

洗えないタイプの枕は、日々のお手入れが大切です。

天日干しで内部の水分を飛ばす

洗えないタイプの中でもそばがらは、中身を出して広げ、まんべんなく乾燥させた方が良いでしょう。

時々向きを変えて日光を全面に浴びさせることも大切。

布団クリーナー

人気の布団クリーナーは、紫外線を当てることで除菌殺菌をするという優れものです。

布団だけでなく寝具である枕も殺菌が可能で、気になる嫌なにおいを消臭することもできます。

クリーニングに出す

洗濯不可のマークがある場合は、クリーニングに出すのもおすすめです。

近くのクリーニング店や、ネット上でも受け付けていることも。

素人では使えない高除菌の洗剤で、枕の内部まできれいにしてくれます。

きれいな枕を使いましょう

寝ている時に人は汗をかくので、枕は日々汚れを吸収しています。

汗だけでなく皮脂やよだれなど、一度ついたら水洗いをしないと取れないような汚れまで、毎日積み重なっていきます。

だからこそ時々洗ってあげるか、天日干しにしてあげるなどお手入れをすることが大切。

清潔な枕で眠ろう

適切な方法で枕を洗うと、モノによっては弾力が戻ったり、肌触りが良くなったりします。機能を取り戻したフカフカのマイまくらを使えば、自然な眠りにつきやすくなるでしょう。

ダニハウスダストなどアレルギーのトラブルを引き起こす可能性のある枕を放置せず、できるかぎり清潔に保つことを心掛けてくださいね。

カテゴリー 最新記事寝具に関する知識