熟睡研究所

寝具に強い家具屋が「熟睡」について考える、ちょっと本気な眠り系情報サイト

睡眠不足解消

睡眠の質を上げる耳栓!選び方とメリット&メンテナンス方法

投稿日:2018年5月22日 更新日:

耳栓

気持ちよく眠りたい時に限って、「小さな物音が気になる」「家族の生活音が原因で寝付けない」「夜中も家の外が騒々しい」などといったお悩みを持つ方も多いかもしれません。そんな時、耳栓が安眠にとって効果的なのをご存じですか?

この記事では、ご自分の好みに合った耳栓を見つけられるよう、耳栓の選び方や使用することで得られるメリット、メンテナンス方法についてご紹介していきます。

睡眠時の耳栓の選び方

耳栓は形状によって、ご自分が一番求めている機能を選ぶことが可能です。形状を選んだら、好みの素材を探してみましょう。

遮音性で選ぶ

「フランジタイプ」の耳栓は魚のヒレが3つほど連なっているような形状をした耳栓で、遮音性能に優れた人気商品です。外部の音を耳に通さない構造になっています。自宅が交通量の多い道路や線路の近くにあるケースや、工場や工事の作業現場の近くにあるケースなど、夜間に騒音が気になって寝付けない場合などにおすすめです。

フィット感で選ぶ

耳栓が耳の形状に合わず、違和感から眠りにつけなくなった場合には、フィット感の良い耳栓を選ぶ必要があるでしょう。「フォームタイプ」と呼ばれる耳栓は、指で耳の穴に入りやすい細さに潰して挿入するタイプのもの。フォームタイプのように耳に栓をする形状ではありませんが、耳穴を覆う形状のシリコン粘土タイプもあります。個人差がある耳穴の形状にうまくフィットするため、安眠効果が期待できるでしょう。

素材で選ぶ

耳栓の素材によっては、耳穴の中で素材のコシやハリを感じてしまうことがあります。フォームタイプの耳栓はスポンジ素材ですので、ハリのあるフランジタイプの素材と比べ長時間挿入していても違和感が少なく、自然なフィット感を得やすいのが特徴。フォームタイプは、ウレタンや低反発の弾性発泡ポリマーなどその素材はさまざまです。100円均一ショップなどでケース付きの製品も販売されていますので、旅行などに携帯して持ち運ぶこともできます。

一方フランジタイプは、水が耳に入りづらいよう設計されています。もともとはマリンスポーツなどを行う時に耐水性をもたせた耳栓。そのため、素材もシリコンやエラストマー(弾力ゴム)などで作られており、フォームタイプと比べハリやコシがあり、洗って何度でも使用できます。外からの音を完全に断ち切らず、目覚まし時計の音などは気づけるようにしたいという人はフォームタイプの耳栓がオススメです。フランジタイプの場合には、フィット感に優れたモノを選ぶといいでしょう。

耳栓をするメリットとは?

耳栓とアイマスク

耳栓は競泳やダイビングなど水中のスポーツで防水の目的や、勉強で集中したいときなどに装着することがあります。こうしたスポーツ用や勉強用の商品がある中で、夜寝るときにする耳栓にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

周囲の音が気にならない

電化製品の「ジー」という稼働音や家族の呼吸やいびきなど、自分が寝付けないときに限って聞こえてしまう微小な音はとても気になるもの。耳栓をするとこれらの音が聞こえづらくなります。自分の耳にフィットする耳栓を選ぶと、より遮音効果が高くなり、気持ちよく眠りにつけるでしょう。

脳が休息できる

人間には「恒常性」を保つ能力が本能的に備わっています。ストレスを感じやすい環境に身を置くことが日常となっている人の場合、常に緊張状態に置かれ、脳の活動が休息モードに切り替わりづらくなってしまうのです。そんな時に耳栓が、脳の活動のオンオフのスイッチ役となってくれます。耳栓で遮音できれば、自律神経も休まり脳が休息できるようになります。加えて、アイマスクを活用すると光による刺激も抑えられ、脳の休息がより期待できるでしょう。

アイマスクを使用することで得られる効果と選び方については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。ぜひ、ご参照ください。
アイマスクでより良い睡眠を!効果と選び方のポイントまとめ

大事なメンテナンス方法について

ぬいぐるみと耳栓

耳栓は素材によって適切に扱い清潔に使用することがポイント。水を嫌う性質の素材もあるので、それぞれに合ったメンテナンス方法をご紹介します。

素材によって違う清潔管理

スポンジタイプや耳を覆うシリコン粘土タイプの耳栓は、使い捨てるか汚れを拭き取ることを推奨しているメーカーが多くなっています。一方で、低反発の弾性発泡ポリマー素材の場合は洗って使うことができる製品もあります。製品ごとにメンテナンス方法が記載されているので、注意書きを確認してくださいね。

スポンジタイプの耳栓の衛生面が気になる場合は表面の汚れを拭き取った後、アルコールをなじませたティッシュなどで拭き取り除菌すると清潔を保てます。フランジタイプの耳栓は耐水性があり形状もしっかりしていることから、洗って使用できるものがほとんどです。水分が残りやすい形状をしているので、洗った後はしっかり乾かすか、乾いた布で水気をしっかり拭き取りましょう。

不潔にすると思わぬリスク

耳栓には耳穴の汚れが直接付着するため、毎回のお手入れをしてケースで保管するようにします。手入れを怠ってしまうと、耳栓に着いた耳垢や皮脂に存在するバクテリアが、耳栓や保管ケースの中で繁殖する原因に。不衛生な状態で耳栓を使い続けていると、外耳炎や皮膚炎になる可能性もあります。耳栓を使う際は、耳穴を清潔にしてから装着すること、そして使った耳栓はご紹介した方法で、適切にメンテナンスすることを心がけましょう。

効率よく睡眠の質を高める!

睡眠の質を高めたい時に耳栓を選ぶ基準によって、そのタイプは変化します。遮音性の高さを重視するならフランジタイプ、フィット感を重視するならフォームタイプやシリコン粘土タイプがオススメです。耳栓のタイプが決まったら、素材の種類が絞られるので、耳にフィットする素材の硬さを選びます。耳にフィットしていると遮音性も高くなり、脳も安らぐことが期待できるでしょう。

製品によって、耐久性やメンテナンス方法が異なること、誤った管理をして耳に雑菌を持ち込まないよう、製品説明をしっかり読んで耳栓の管理をしてくださいね。

-睡眠不足解消
-, , ,

関連記事

ぐっすり寝る子供

熟睡する方法を知りたい!快眠につながる習慣と眠りを妨げるコト

2017年の新語・流行語大賞では、“睡眠負債”がランクインして、今や睡眠不足の悪影響や良質な睡眠環境に対する関心が高まっています。 睡眠不足の生活が長く続くと、身体に蓄積した疲れや自律神経の乱れが原因 …

寝付きが悪くて眠れない!眠れない時の原因と対処法

翌日に重要な用事を控えているため早く眠ろうと布団に入ったのに、どうしても眠れない…。誰もが一度はそのような経験をしたことがあるはずです。眠らなければと焦れば焦るほど、余計に眠れなくなってしまうもの。し …

「寝溜めは効果なし」はもう古い!睡眠不足解消の正しい寝溜め

これまで長い間、「寝溜め」には意味が無いと言われてきました。しかし最近は、寝溜めの効果が見直されています。とは言うものの、効果のある寝溜めもあれば、そうでない寝溜めもあります。平日十分な睡眠時間が取れ …

寝るときのアロマってどうするの?

睡眠時にアロマは効果的?熟睡と香りの関係とは

生活習慣の乱れや、日々のストレスなどが多いと、眠りが浅かったり、熟睡できない日が続いたりします。そうすると、その日の疲れを取ることができず、朝もスッキリ起きることができません。また、質の悪い睡眠は、日 …

質の良い睡眠をとるには?快眠のために心掛けたい習慣

きちんと寝たはずなのに疲れが取れていなかったり、日中眠くなったりするという方は、質の良い睡眠がとれていない可能性があります。睡眠はただ長時間眠ればいいというわけではありません。大切なのは、睡眠時間より …