睡眠時に口が開いたままになっていませんか?実は怖い「口呼吸」

睡眠時に口が開いたままになっていませんか?実は怖い「口呼吸」

001

自分では気がついていない、いびきの音を指摘されたことはありませんか?または、朝起きたときに口の中が乾燥して気になるということはありませんか?そのような方は、寝ている間に口呼吸をしている可能性があります。

睡眠時に口呼吸をしていると、空気中のほこりやばい菌が体内にそのまま取り込まれ、さまざまな体の不調につながってしまいます。また、口呼吸は睡眠の質を低下させることでも知られます。睡眠の質が下がると、昼間に倦怠感や疲れを感じることが増え、仕事や学業にも大きな影響が出てしまうでしょう。このように、睡眠時の口呼吸は一般的に考えられているよりも多くのリスクを持っているのです。

そこで今回は、口呼吸による影響と改善方法をご紹介します。

 

口呼吸にはこんなリスクが!

002

睡眠時に口呼吸をしていると口の中が乾燥し、口臭の悪化や免疫力の低下につながります。

ここでは口呼吸の影響をご紹介します。

 

【1】虫歯や歯周病のリスク

口内が乾燥すると唾液の分泌が減少するため、口腔内の自浄作用が低下し虫歯や歯周病のリスクが高まります。

【2】アレルギーや喘息

口呼吸は空気中のダニやばい菌などを一緒に吸い込んでしまうため、「アレルギー性疾患」や「喘息」など、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

【3】いびきの悪化や睡眠時無呼吸症候群

睡眠時の口呼吸は、舌が喉の奥に落ち込み気道を狭めるため、「いびきの悪化」や「睡眠時無呼吸症候群」の症状を引き起こし、睡眠の質を低下させます。そのため、せっかく長い時間眠っても朝起きた際には「疲れが取れていない」「熟睡した気がしない」と感じてしまいます。また、昼間の集中力・意欲の低下、強い眠気にもつながります。

【1】~【3】のような影響を回避するためにも、睡眠時には鼻呼吸を意識しましょう。鼻は毛や粘膜によるバリア機能を兼ね備えているため、空気中に漂うダニやばい菌をシャットアウトすることが可能です。また、鼻から呼吸することによって空気が加湿され、冷たく乾燥した空気が体内に入ることを防ぎます。

 

寝相が口呼吸を招く?

003睡眠中の寝相は、口呼吸を招く原因となることをご存じでしょうか?「うつぶせ」や「横向き」での睡眠は顔を圧迫し、鼻呼吸を妨げます。また、うつぶせや横向きの寝相が癖になっていると、口呼吸になりやすい他に、頭痛や肩こり、顔のゆがみの原因にもつながります。そのため、現状うつぶせや横向きで寝ている方は「仰向け」を意識しましょう。慣れるまでは大変ですが、根気よく継続することが大切です。

また、枕の高さにも注意する必要があります。高すぎる枕は気道を圧迫し口呼吸を促します。一般的に、枕の高さは「仰向けに寝たとき顔がやや下向きになる」程度の高さが適切です。

さらに、枕は硬さにも注意しましょう。硬すぎる枕は頭の重さによって首に負担がかかります。頭が枕に沈んだ際に、気道が真っ直ぐになるくらいの柔らかさがある枕を選びましょう。

【関連リンク】米三ECサイト 枕特集ページ

 

簡単に分かる!口呼吸チェックリスト

口呼吸をしている方の中には、自分が口呼吸をしていることに気が付いていない方も少なくありません。チェックリストを使って自分が口呼吸をしているかどうかを確認してみましょう。

・口がいつも開いている

・唇がよく乾燥する

・いびきや歯ぎしりを指摘される

・朝起きた時のどが痛い

・口臭が気になる

・花粉症や喘息、アトピーなどのアレルギー性疾患を抱えている

上記の項目に1つでも当てはまった方は、無意識に口呼吸を行っている可能性があります。チェック項目に当てはまった方は、次にご紹介する鼻呼吸のトレーニングを参考にしてみてください。

 

 

口の筋肉を鍛える!「あいうべ体操」

004

鼻呼吸を行うためには、口周りの筋肉と舌を動かす筋肉を鍛えることが大切です。「あいうべ体操」を行うことによって、効率的に両者の筋肉を鍛えることができます。

まず、喉の奥が見えるくらい「あー」と口を大きく開けます。次に「いー」と口を横に広げ、「うー」と口を強く前に突き出します。その際、唇をきちんと尖らせるよう意識しましょう。最後に「べー」と思い切り舌を下に伸ばします。1つの動作に5秒かけるよう心掛けてください。1日30セットを目安にして、毎日続けると効果的です。しかし顎に不調をかかえている方や顎関節症の方は無理せず回数を減らすなど、自分のペースに合わせて行いましょう。

 

睡眠時の口呼吸は口の中の問題だけではなく、アレルギー性疾患や喘息など、さまざまな病気の原因につながります。そのため、日頃から鼻呼吸を意識することが大切です。正しい呼吸法を身に着け、健康的な生活を送りましょう。

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識