体調不良や肌荒れも!寝不足・夜更かしがもたらす影響

体調不良や肌荒れも!寝不足・夜更かしがもたらす影響

012寝不足な状態が続いたり、夜更かしばかりしていたりすると、集中力や判断力が低下することはよく知られています。そして睡眠不足が慢性化すると、体調不良や肌荒れを招きます。ひいては精神的な不安や肥満にもつながり、大病の原因にもなりかねません。しかし、多くの方はなんとなく「長い時間寝た方が良い」程度の認識しか持っていないのではないでしょうか。実は、良い睡眠をとるためにはコツや心掛けが必要です。

そこで今回は、睡眠不足がもたらす心身への影響と共に、良い睡眠をとるための方法をご紹介します。「最近よく眠れない」「睡眠不足で調子が悪い」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

 

寝不足・夜更かしは肌荒れのもと!

012-1寝不足や夜更かしは、肌のコンディションに大きく影響を与えます。それは、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減ってしまうためです。

成長ホルモンは、代謝を活性化させたり肌の細胞を修復させたりする大切な役割を果たしています。成長ホルモンは昼間にも分泌されますが、特に多く分泌される時間は「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い睡眠をとっている間です。寝不足や夜更かしで睡眠のリズムが崩れると、深くて質の良い睡眠がとりにくくなるため成長ホルモンの分泌が減り、肌に悪影響が出てしまいます。

肌荒れを防ぐためには、毎日正しいリズムで深い睡眠をとることが大切です。毎日の睡眠のリズムを作るためにも、できるだけ午前0時までには布団に入る習慣を身に付けましょう。

 

睡眠不足の影響でうつや高血圧に?!

012-2寝不足や夜更かしが続くと体の疲れが十分に取れず、体調不良を招きます。集中力や判断力、さらにはコミュニケーション能力、感情のコントロール能力も低下し、ストレスがたまりやすくなってしまうでしょう。

ストレスが溜まってしまった結果、仕事などでミスが重なり、さらに新たなストレスを抱えてしまう悪循環に陥るケースも少なくありません。ストレス状態が続くと、うつ病やパニック障害が引き起こされることもあります

他にも、免疫力が低下するため風邪をひきやすくなる、高血圧や肥満につながるなどのデメリットがあります。心臓病や脳卒中、不整脈などの病気に掛かる可能性も高まるなど、睡眠不足が心身に及ぼす影響は深刻なものです。

 

睡眠不足の改善方法1「正しい睡眠リズムを作る」

睡眠によるメリットを得るためには、ただ長く眠れば良いというわけではありません。質の良い睡眠を、適切な時間とることが大切なのです。

睡眠時間は、眠りの浅い「レム睡眠」と、眠りの深い「ノンレム睡眠」の1セットである90分間の倍数付近に設定することをおすすめします。例えば、6時間、7時間半、9時間などを睡眠時間として設定すると、睡眠リズムを作りやすくなり、寝覚めも良くなるでしょう。

さらに、正しい睡眠時間のリズムを作るためには、毎日規則正しい時間に就寝・起床を行うことが大切です。まずは平日だけでも、毎日同じ時間に起きる習慣を身に付けてください。

起床時間が定まってきたら、就寝時間も揃えていきましょう。起きる時間から逆算して、6時間、7時間半、9時間前に就寝することと、できる限り午前0時までに就寝することを意識しましょう。

睡眠不足の改善方法2「寝る前の注意点と起きる時のコツ」

012-3「分かっていても、なかなか正しい睡眠リズムが身に付けられない」と、お悩みの方も多いはず。そこで、寝る前の注意点と起きる際のコツをご紹介します。

まず寝る前は、眠たくなるまで布団に入らないようにしてください。「睡眠不足を解消しよう!」と意気込んで眠たくないまま布団に入っても、余計に眠れなくなるだけです。自然に眠りに入れるように、リラックスを心掛けましょう。リラックスして眠気をもたらすためには、ゆっくりお風呂に入る、お風呂上りにストレッチをする、眠る前1〜2時間は脳を覚醒させるパソコンやスマートフォン、テレビなどを見ないようにする、などを意識してください。

また、夜に飲み物を飲む場合は、コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインの入ったものは避けましょう。リラックス効果のあるハーブティーや体を温めるホットミルクなどがおすすめです。

そして朝目が覚めたら日光をしっかりと浴び、声を出したり水を飲んだりして体を睡眠状態から覚醒状態へ切り替えることが大切です。

寝不足や夜更かしからくる睡眠不足は、肌荒れや体調不良などの悪影響を体に及ぼします。人間にとって、正しい睡眠は無くてはならない非常に大切なものです。正しい睡眠リズムを身に付ければ、生活の質は明らかに向上するはず。質の良い睡眠をとり、毎日を有意義なものにしましょう。

 

なかなか寝付けない、不眠症の人はアロマオイルを試してみては如何でしょう?

安眠効果のあるアロマはラベンダーやカモミールローマン、マジョラム、、他にも安眠効果のあるアロマはいろいろあります。
じぶんにあった香りを見つけるのも楽しいものです。

アロマライトとは、電球の熱でアロマオイルを温めて香りをお部屋に広げるアロマグッズです。
危険性も低く、とてもおすすめです。

イデアレーベル 陶製 セラミックアロマライト
http://kagu.komesan.jp/shopdetail/000000001294/ct245/page1/order/

ウッドアロマディフューザー
http://kagu.komesan.jp/shopdetail/000000001292/ct245/page1/order/

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識