遮光?防音?保温?寝室に最適なカーテンの選び方

遮光?防音?保温?寝室に最適なカーテンの選び方

カーテンから差し込む日光

質の良い睡眠をとるためには、自分に合った寝具を使用するだけでなく、寝室を心地良い環境にすることが大切。家具を柔らかい色味でまとめたり間接照明を取り入れたりするのも良いですが、寝室のカーテンを適切なものに替えるだけでも、睡眠の質を高めることが可能です。

しかしカーテンにはさまざま種類があるため、自分が求める機能を持ったカーテンを選ぶことが必要です。そこで今回は、寝室に最適なカーテンの選び方をご紹介します。

「遮光カーテン」なら遮光も保温もバッチリ!

窓から見える風景遮光カーテンは、窓から入る光を遮断することに優れています。睡眠時に部屋が明るいと眠れない方には、遮光カーテンが適しています。外からの光を防いで、質の良い睡眠をとりましょう。光を遮断するため、紫外線カット効果もあります。日焼けを気にする方や、部屋の家具の日焼け防止をしたい方におすすめです。また、室内の明かりを外に漏らすことがないため、プライバシー対策として使用することもできます。

そして、遮光カーテンは室内の熱を外に逃さないため保温性が高いという特徴もあります。日中に温まった部屋の気温を、夜まで保つことが可能です。反対に、暑い日はカーテンで外の熱い空気を遮断し冷房の冷気を外に漏らさないため、冷房代を節約することができます。

遮光カーテンを購入する際は、カーテンのサイズに注意する必要があります。せっかく遮光カーテンを取り付けても、カーテンの隙間から光が漏れてしまっては意味がありません。窓に対して一回り大きいサイズの遮光カーテンの購入をおすすめします。

 

音が気になる方には「防音カーテン」がおすすめ

両耳を指で塞ぐ女性家が大通りに面していて車の音が気になる方や、近隣の生活音が気になる方には防音カーテンの使用をおすすめします。防音カーテンとは、音が通りにくい素材や織り方で作られているカーテンです。完全に音を遮断することはできませんが、人の話し声やテレビの音、車の走行音などを遮断する上で、高い効果を発揮します。

防音カーテンの防音性を高めるためには、窓とカーテンの間の隙間をなくす必要があります。そのため、防音カーテンを購入する際にも、窓より大きいサイズのカーテンを選びましょう。ドレープがあるカーテンは隙間ができやすいため注意してください。

防音カーテンには、現在使用しているカーテンに取り付けることができる「裏付用防音カーテン」という種類も存在します。手持ちのカーテンをそのまま防音カーテンに変えることが可能なため、活用してみてはいかがでしょうか?

 

寝室に最適なカーテンの色って何色?

パステルカラーの配色カーテンの色によって、部屋の雰囲気を変えることができます。落ち着いた気持ちでくつろげる寝室を求めるのであれば、リラックス効果がある色のカーテンを選びましょう。

リラックス効果を得るためには、青や緑などの寒色系の色のカーテンがおすすめです。青は精神を落ち着かせ、後退色のため部屋に奥行きを出すことができます。緑はリラックス効果やストレスを和らげる効果があるため、疲れがたまりやすい方などには効果的でしょう。ただし、濃い緑を使用すると部屋に息苦しさが生まれる可能性があるため、色の濃淡にも注意する必要があります。

また、ベージュやパステルカラーなどの淡い色のカーテンも、部屋を落ち着かせることができるためおすすめです。特にベージュは気分を落ち着かせる効果があり、洋室はもちろん和室にもなじむため、部屋を選びません。質の高い睡眠を得るために、カーテンの色も変えてみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

遮光性や防音性などのポイントを押さえながら、寝室に最適なカーテンの選び方をご紹介しました。

カーテンは、光や音を遮断することができ、リラックス効果を得る上でも重要なアイテム。しかし、カーテンの種類によって遮光性や防音性は異なるため、自分に合ったカーテンを選ぶことが必要です。カーテンを選ぶ際は、どのような寝室で過ごしたいのかをあらかじめイメージしておくことをおすすめします。自分に合ったカーテンを選んで、快適な睡眠をとりましょう。

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識