最適な高さ・硬さは?自分に合った枕選びのポイント

最適な高さ・硬さは?自分に合った枕選びのポイント

枕を置く男性

 

なかなか寝付くことができない方や、起床時に疲れが残っていると感じている方も大勢いらっしゃることと思います。みなさんは良い睡眠がとれない原因を、生活環境や仕事の中ばかりに求めてはいませんか?

もしかすると、睡眠の質が下がっている原因は、適切な枕選びができていないことにあるかもしれません。枕は一晩中重い頭を支えてくれる大切なアイテム。快適な睡眠をとるためには、自分に合った枕を選ぶことが必要不可欠です。しかし、「自分に合った枕」とはどのように選べば良いのでしょうか。そこで今回は、自分に合った枕選びのポイントをご紹介します。

 

「自分に合った枕」とは

自分にあった枕で寝る女性自分に合った理想的な枕とは、寝ていても立った姿勢そのままをキープすることができるような枕です。人の背骨はS字型の曲線を描いているため、首と布団の間に隙間が生まれます。その隙間を自然に埋めることができる枕が、自分に合った枕です。

自分に合っていない枕を使い続けていると、姿勢が悪くなり血流が滞ります。そのため、腰痛や肩こり、頭痛など、体にさまざまな悪影響が出る可能性があります。中には、枕を使用していない方もいらっしゃるかと思いますが、枕を使用しないと顔がむくみやすくなってしまいます。健康のためにも美容のためにも、自分に合った枕を使用しましょう。

最適な枕の高さは何センチ?

枕の高さが合ってないと、肩こりや頭痛、顔のむくみなどの体の不調につながりやすくなります。そのため自分の体形に適した高さの枕を選ぶことが大切です。

標準体形の方の場合、最適な枕の高さの目安は3センチメートルから4センチメートルです。女性や細身の方は、2.5センチメートルから3センチメートル、体格の良い方は4センチメートルから5センチメートルの高さを目安にしてください。最近は、中身を入れ変え、自分で高さを調節することができるタイプの枕も販売されています。

また、専門店の中には自分に合った枕の高さを計測できるところもあるため、そのようなお店を探して活用すると良いでしょう。

どんな硬さの枕がいいの?

枕とベッド枕選びの際には、自分に合った硬さの枕を見つけることも大切です。硬さの合っていない枕を使用していると、頭をきちんと支えることができず、首や肩の筋肉が緊張します。また、首や頭の重さがうまく分散されないため、神経が圧迫されます。硬さの合っていない枕は不眠症につながる恐れがあるため気を付けましょう。

枕の理想的な硬さは、頭と首を圧迫せずにきちんと支えることができる硬さです。柔らか過ぎる枕は頭と首をうまく支えることができないため、首に負担が掛かってしまいます。反対に、硬い枕の場合は枕と体が接触する面積が小さくなるため首が不安定になります。

最近は複数の素材を混合した枕や低反発ウレタン素材の枕もあるため、一度試してみてはいかがでしょうか。

枕の大きさはどれくらいが理想的?

人は寝ている間に、20回以上も寝返りを打ちます。寝返りは、ぐっすり眠るために必要な要素の1つです。寝返りを打たず同じ体勢のまま眠っていると、血液の流れが悪くなり体温調節をうまく行うことができなくなります。

しかし、枕の大きさが自分の頭の大きさと合っていないと、うまく寝返りを打つことができません。質の良い睡眠をとるためには、寝返りをスムーズに打つことができる大きさの枕を選んでください。寝返りが打ちやすい枕の大きさは、頭3個分の大きさです。寝ている際に左右に動いても余裕がある枕を選びましょう。

枕の吸湿性にも注目しよう!

吸湿性に優れた枕睡眠中、人はコップ1杯分の汗をかきます。汗をかくことによって体温が下がり、深い眠りにつくことができるのです。

枕が寝汗でベタベタになってしまうと、快適な睡眠をとることができません。吸収性や発散性が高い枕を選ぶことも大切です。枕は素材によって、吸湿性や通気性が異なります。「羽毛」や「そばがら」の枕は吸湿性、通気性共に優れています。枕に使用されている素材の特徴を踏まえ、自分に合った枕を見つけましょう。

医師がすすめる健康枕

もっと首楽寝有名ブランド「東京西川」の首楽寝

シリーズ累計260万個の売り上げを誇るこの商品、カラダのプロと眠りのプロが共同開発した快眠枕。
市販の枕の高さって後からは変更できないですよね。この枕は自身で都度高さの調節が可能です。
試行錯誤して、一番落ち着く高さを自分自身で決められるのが嬉しいですよね。

詰め物に使用している素材はそば殻
放熱性に優れ、抗菌・防ダニ・防カビ加工も施しているので夏も快適にご使用頂けます。

商品は2種類
男性の方は「高~中タイプ」、女性の方は「中~低タイプ」がオススメですよ。

「首楽寝」以外にも、横向きで寝る方専用の枕や、女性向けに柔らかいタッチの枕、そして成長に合わせて調節も出来るジュニア向けの枕など、様々なタイプの医師がすすめる健康枕が用意されていて、それぞれの眠り方やタイプに合わせて選べるのも嬉しいです。

お医者さんのすすめる理由はこちら

おわりに

快適な睡眠をとるためには、自分に合った枕を選ぶことが大切だということが深くお分かりいただけたのではないでしょうか。枕の高さや素材にこだわりを持ち、自分に合った枕で質の良い睡眠をとりましょう。また、枕を購入する際には、ぜひお店で実際の寝心地を確かめてください。

自分に合った枕は、睡眠時の最高のパートナーになってくれます。今回ご紹介した枕選びのポイントをチェックして、自分に合った枕を探してくださいね。

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識