金縛りはなぜ起きる?金縛り(睡眠麻痺)の原因と対策

金縛りはなぜ起きる?金縛り(睡眠麻痺)の原因と対策

悩みを抱える熟年女性

寝ているときに突然の金縛りに遭い、強い恐怖を覚えたことがある方も多いでしょう。金縛りとは、意識があるにも関わらず体が動かなくなったり、何かが上に乗っているように感じたりする現象です。ときには、人が隣に立っている、誰かに体を触られているなどの幻覚を伴うこともあります。

しかし医学的な観点から言うと、金縛りは「睡眠麻痺」と呼ばれる睡眠障害の一種で、幽霊や心霊現象に関連するものではありません。

では、金縛りはどのようにして起こるのでしょうか。ここでは金縛りのメカニズムと、原因や対策についてご紹介します。メカニズムを知れば、金縛りに遭ったときも落ち着いて対処できるはずです。

 

金縛りはなぜ起きる?

こめかみ辺りを抑えるメガネを掛けた女性私たちは眠っている間、ある2つの状態を繰り返しています。1つは、脳は休んでいるが体の筋肉は活動している「ノンレム睡眠」の状態、もう1つは、脳は活動していているが体は休んでいる「レム睡眠」の状態です。

通常の睡眠は、深い眠りの状態であるノンレム睡眠から始まり、その後レム睡眠へと移行します。しかし何らかの原因でリズムが狂うと、レム睡眠から眠りに入ってしまうことがあるのです。このようにレム睡眠から入眠すると、「意識はあるのに体が突然動かなくなる」金縛りの現象が起こりやすくなります

レム睡眠の途中で目覚めた場合も、体の切り替えがスムーズにいかず脳だけが目覚め、金縛りの状態に陥ってしまうことがあります。

また、眠りが浅いレム睡眠時は、夢を見やすい状態です。レム睡眠時に見た夢の内容を、金縛りの際に幻覚で体験することもあります。

 

金縛りに遭わないために

綺麗にセットされたベッド金縛りは主に睡眠リズムの乱れによって起こります。睡眠時間の不足、また、逆に睡眠時間のとり過ぎは、睡眠のリズムが狂ってしまう原因となり、金縛りにつながります。

ノンレム睡眠とレム睡眠の1サイクルは約90分周期です。このような1サイクルを意識し、睡眠時間を90分の倍数にすると、睡眠のリズムを整えやすくなります。

また、就寝時刻は毎日同じ時間に保つことが理想です。次の日が休みだとついつい深酒や夜更かしをしてしまいがちですが、休日の前も過剰な飲酒などは避け、規則正しい生活を心掛けましょう。

さらに、毎日安定して睡眠をとるためには寝やすい睡眠環境に気を配ることも大切です。例えば、枕やベッドのマットを変えるだけでも格段に眠りやすくなる可能性があります。他にも、寝るときに掛ける音楽や部屋の照明を工夫することもおすすめです。

旅行や出張などで環境が変わるときは、使い慣れた枕やパジャマを持って行ってはいかがでしょうか。できるだけいつもと同じ環境に近づけた方がリラックスでき、睡眠の質が高くなるはずです。

 

金縛りに遭ってしまったら?

両手で頭を抑える女性さまざまな対策を試みた上で、それでも金縛りに遭ってしまった場合は、怖がらず冷静に対処しましょう。金縛りの状態から逃れるためには、指先などの動きやすそうな部分からゆっくりと動かしていくことがポイントです。目を左右にキョロキョロと動かしたり、声を出そうとしたりすることも有効です。

それでも体が動かない場合は慌てず、正常に戻るまで待ちましょう。金縛りが心霊現象などではなくただの生理現象であることを理解していれば、恐れずに落ち着いて対処できるはずです。

 

おわりに

昔から、金縛りは心霊現象の一種と信じられてきました。しかし実は金縛りには科学的な原因があり、適切な対策によって予防することが可能です。今回お伝えしたとおり、睡眠のリズムを整えることで金縛りの予防が可能になります。また、正しい睡眠は金縛りの予防の他にも多くの恩恵をもたらしてくれるでしょう。健康のためにも、仕事や勉強に打ち込むためにも、質の良い睡眠は欠かせません

これまで夜更かしの習慣がついていた方は、睡眠リズムを立て直す際に多少苦労するかもしれません。しかし、習慣を改めることによって手にするものは、費やす苦労以上に大きいはずです。これを機に、ぜひ睡眠リズムを整えてみてください。

カテゴリー 最新記事睡眠障害