収納付き?天蓋付き?ベッドフレームの種類とそれぞれのメリット・デメリット

収納付き?天蓋付き?ベッドフレームの種類とそれぞれのメリット・デメリット

木製のベッドフレーム

ベッドで快適な睡眠をとるためには、ベッドのサイズ選びだけではなく、ベッドの骨組みであるベッドフレーム選びが重要です。ベッドフレームには収納付きのものや天蓋付きのものなど、たくさんの種類があります。それぞれの特徴を知った上で購入しないと、寝室にベッドを置いてから後悔することにもなりかねません。ベッドは高価で搬入の手間も掛かる家具であるため、できるだけ買い直しは避けたいものですよね。

そこで今回は、ベッドを購入するときに知っていると役に立つ、ベッドフレームの種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

【ローベッド】スタンダードで使いやすいスタイル

ベッド下の収納も可能ローベッドは最もスタンダードなベッドフレームです。基本的にベッド高が低めであるため、部屋に開放感が生まれます。また、脚が付いていることによって、ベッドの下にものを収納できるメリットもあります。厚みのあるマットレスと相性が良い点もポイントです。

デメリットとしては、収納付きのベッドに比べると収納力が低いことや、脚付きマットレスベッドやフロアベッドに比べて値段が高めであることが挙げられます。

 

【フロアベッド】開放感と乗り降りのしやすさが魅力

広い部屋にあるベッドフロアベッドは脚がない、低いベッドです。ローベッドと同様に部屋を広く感じられる上、ベッドへの乗り降りも楽です。床板が畳になっているフロアベッドタイプであれば、床の畳に布団を敷いて寝るときと同じ寝心地を得られるでしょう。

フロアベッドのデメリットは、ベッドの下に収納スペースがないこと、床に近いため布団にほこりがつきやすいことなどです。

 

【収納付きベッド】部屋がすっきり片付く高収納性

ベッドの下がチェストになっている収納付きベッドは、家庭用のベッドとして人気の高いタイプの1つ。ベッド下のチェストをクローゼットやタンスの代わりに使用できるため、部屋のスペースを有効活用できる点が魅力です。ベッド部分が斜め上に開くガス圧式跳ね上げタイプのベッドは、引き出しを出すためのスペースをとる必要がないため、さらに省スペース化することができます。

デメリットは、ベッド高が高いことにより部屋に圧迫感が生じてしまう、ベッドの乗り降りが大変になってしまうなどです。また通気性が悪いため、ベッドの下にカビができやすい点にも注意しましょう。

さらに先述したとおり、チェストタイプを使用する際には引き出しを出すためのスペースを確保する必要があります。ガス圧式跳ね上げベッドは、他のベッドフレームより高価なこと、専用のマットレスしか使えない場合が多いことがデメリットです。

 

【ロフトベッド】スペースの有効活用が可能

ロフトベッドとは、ベッド部分が高い位置にあるベッドのことです。ベッドの下にデスクなどの家具を置けるロフトベッドを使用すれば、狭い部屋でもスペースを有効活用できます。

ただし、ベッドへの登り降りが大変であること、マットレスが簡易なものが多いため寝心地で劣ることなどのデメリットがあります。

 

【天蓋付きベッド】おしゃれなデザインと機能性

天板付きベッド多くの女性の方が憧れるおしゃれな天蓋付きベッドはムーディーな雰囲気を演出するだけでなく、機能的なメリットもたくさん持っています。具体的なメリットとしては、エアコンからの風が直接当たることを防ぐことができる、蛍光灯の光を和らげられる、蚊帳のように虫よけができるなどの点が挙げられます。

一方、カーテンにほこりがたまりやすい、サイズが大きく部屋に圧迫感を生み出しやすいなどのデメリットもあります。また、ベッド自体の存在感が大きいため、ベッドを中心に部屋のインテリアを考える必要があるでしょう。

 

おわりに

ベッドフレームには、今回ご紹介した5つの他にも、ソファベッドや2段ベッドなどたくさんの選択肢があります。機能性やデザイン性、価格帯を知り、寝室の広さなどを考慮して自分に合ったベッドを選ぶことが、毎晩の眠りを快適にするカギ。それぞれのベッドフレームの特徴を理解して、使いやすく寝心地の良いベッドを選んでください。

カテゴリー 最新記事寝具に関する知識