ウォーターベッドは寝心地最高?3つの魅力と注意点

ウォーターベッドは寝心地最高?3つの魅力と注意点

ウォーターベッドの3つの魅力
熟睡するためにも最高の寝心地を手に入れたい。そんな時に選択肢の1つとして上げられるのがウォーターベッドです。
これほど寝心地の良さを提供出来るベッドはないといわれているくらい睡眠には優れたベッド。

その魅力として3つの大事なポイントがありますのでそれをひもといていきます。

魅力1:体圧分散性が良いので睡眠が深くなる

普通のスプリングベッドの場合は、スプリングなど全て物質の反発力を利用して寝心地をつくっていますが、ウォーターベッドは名前の通り中身は水になっているため、水の浮力を利用して寝心地をつくる唯一のベッドになっているのです。

水の浮力を利用する事によって利用者のそれぞれの持つ体形や体重に合わせて敏感に反応してくれるため、まるでオーダーメイドの服の様に身体にピッタリとフィットしてくれます。

身体にフィットしているということは睡眠時のベッドとの接着面も広く、体重の圧力を身体全体で均等に分散させる事が出来るため、身体のどこか一部に圧力荷重がかかる事がなくなり、心地良い眠りを作り出すことができるのですね。

体圧分散性が良いという事は、無駄な寝返りをうつことも減る為、睡眠も深くなるということになります。

※体圧分散についてもっと知りたい方はこちらの記事も読んでみて下さい。
腰や肩に負担をかけない!寝具を選ぶ際に知っておきたい体圧分散とは

 

魅力2:身体の中心線をまっすぐに近づける効果がある

理想的な寝姿勢は立っている姿勢がそのまま横になっている状態というのは知っていますでしょうか。

通常のスプリングベッドの場合は、人間の身体とマットレスの間に反発が生まれ、どうしても身体の中心線がずれてしまう事がありますが、ウォーターベッドの場合はマットレスの反発が無く勝手に身体に合わせてくれる為、中心線をまっすぐにしてくれる効果があるのです。

腰痛をもたれている方にもおすすめ

中心線がまっすぐになる事で、背骨の間にある軟骨に無理がかからず、腰痛をもたれている方などには負担を軽減する事が出来るためおすすめです。

また、通常のベッドで仰向けで寝ようとすると、内蔵の圧迫感があり横向きでしか寝られないという方も、ウォーターベッドなら仰向け姿勢でも無理なく睡眠をとれるといった例も出ています。

魅力3:ウォーターベッド自体の水を温度調節出来る

他のベッドではマネが出来ない利点として、ウォーターベッド自体の水温を調節出来るという点です。
夏は涼しく、冬は暖かくする事が出来るため一年中快適に寝る事が出来ます。

特に冬場は寝室で暖房を付けると乾燥対策も別で必要になってきますが、ウォーターベッドそのものを暖める場合は直接的な空気の乾燥を防ぐ事が出来るという点でも優れています。
ウォーターベッドを利用している方の多くは、寒い冬にヒーターで水を暖められるからというのが一番多いそうです。

ウォーターベッドを使う際に注意しなければいけないポイント

ウォーターベッドの注意点
こんなに優れたウォーターベッドですが、注意しなければいけないポイントとしてはメンテナンスなどのめんどくささがあります。

とにかく重い

ウォーターベッドの中身は水なので、通常のベッドとは比べ物にならないくらい重いです。お部屋の模様替えや、引っ越しをする際など簡単に移動が出来ないので専用のデリバリーに実費でお願いする必要があります。また、住宅のタイプや設置場所等が限られる場合もあるので注意が必要です。

1年に1回防腐剤の注入が必要

マットレスがビニールで出来ているため、長持ちさせるためのメンテナンスとして必要になります。
そのまま使いっぱなしというわけにはいかないので注意が必要です。

空気抜きの作業が必要

ヒーターで暖められた水が気化して自然と空気が溜まってきます。そのサインとしてチャプチャプと音がするようになってくるので約3ヶ月に1回程度で良いので空気抜きをする必要があります。
空気のせいで水が腐るという事はありませんが、音が気になってきたら都度空気抜きをすれば問題無しです。

稀に故障する事もある

普通のベッドは違い、水を入れたバッグやヒーターも使っているため各部分で故障がある事もあります。
ただし、万が一水漏れをおこした場合でも最近のものは床には水がいかない構造になっているので安心して下さい。修理さえすれば通常通り使う事が出来ます。

ヒーター部分もパーツ交換が出来るのでもし壊れてしまったら専門の方にお願いしましょう。

ウォーターベッドを選ぶかどうか

ウォーターベッドで最高の寝心地を手に入れる代わりに、メンテナンスなどの問題もつきまとうのは仕方ないもの。
最近ではこのめんどくささが先行してしまい、低反発マットレスのテンピュールや、体圧分散性の良いマットレスを選ぶのが増えてきているのも実状です。

まずは、自分の身体に合うかどうかも大事なので、近くのウォーターベッドが置いてある家具屋さんに行ってこの寝心地を体感してみると良いと思います。
その時のコツとしては手だけで押したり腰掛けるだけなど、身体の一部分だけで感触を確かめるのではなく、躊躇せずに横になって全身で確かめてみて下さい。きっとフィット感を実感できます。

ぜひご自身で体感してみて下さい。

カテゴリー 最新記事寝具に関する知識