究極に眠れる曲5選はコレ!快眠に役立つ熟睡と音楽の関係性

究極に眠れる曲5選はコレ!快眠に役立つ熟睡と音楽の関係性

どうしても夜寝つけない。そんな時にリラックスできる音楽をつけてみようと思った経験ありますよね。
でも眠れる曲ってどんなものがいいのかわからないし、そもそも音楽をつけて寝つきが良くなるのか疑問に思うことは多いはず。

体は疲れているのに、いったいなぜ眠れないの?音楽やグッズなどの力を借りた方が良い?今夜も眠れなかったらどうしよう……。そんな日が続いたら、と考えただけで気が滅入り心身ともに疲れ切ってしまいます。
きちんと眠れないというのは、とても辛いことですよね。

良質な睡眠は健康な生活を送るために最も重要なことの一つと言われていますが、あまりにも考え込みすぎると、かえってそれがプレッシャーになってしまいます。眠れない時は何をしても眠れないもの!と割り切るのも大切です。

昨今、医療機関等でも睡眠に関する悩みを専門的に扱う『睡眠外来』という診療科が増えていますが、本当に眠れなくて疲れている人はその「病院へ足を運ぶ」という行為すら億劫だったりします。
病院に行くほど大げさにしたくない、ご家庭で無理なく、気持ちよく眠りたい。
今回は、そんな方にぜひ聴いて頂きたい『眠れる音楽』を厳選してお届けいたします。

寝る時に聴いてはいけない音楽とは

目が覚めてしまう曲はNG

激しいロックを大音量で聴く、歌詞つきの唄を聴く、という行為は一般的に不眠を助長するとされ、あまり推奨されません。
不眠とは、体が疲れていても脳が一種の興奮状態に陥っているため、脳が体にまだ休むな、という信号を出している状態を指します。興奮状態に陥る原因は、昼間のストレスであったり、かたや刺激を伴う喜びであったり、と様々ですが、そんな興奮した脳に一層ハードな音楽を聴かせたり、意味深な歌詞を伴う音楽を聴かせれば当然脳は眠りから離れていきます。

もちろん、人によっては必ずお気に入りのロック歌手の激しいビートを聴きながら朝までぐっすり眠る、という方もいないとは言い切れませんが……よほどのことがない限り、激しいロック調の音楽、歌詞がついた曲は避けた方が無難であると言えるでしょう。

眠る時にはどんな音を聞くべきなのか

では、睡眠に向いている曲は一体どのようなものがあるでしょうか?お母さんやお父さんの腕の中でぐっすりと眠った経験は誰しもあることと思います。
両親の心臓の音を聴いているだけで、落ち着いて眠ることができるのです。それには明確な根拠があります。

『生き物の鼓動』や『脈拍』は、落ち着いて眠るために必要な『一定のリズム』の要素を兼ね備えています。つまり、急激な変化をせず、停まることもない、安定したリズム感が肝心なのです。一部の野生動物が眠る際に寄り添いあうのも、仲間の心音を聴くことによって安心して眠れるからです。

眠たくなる音楽とは
また、古来より、人は眠れない時に羊を数えると言われています。
発祥は諸説あり、まずはイギリスでなかなか寝付けない人が「Sleep、Sleep(眠れ、眠れ)」と呟きながら眠りについたという説。
「Sleep」が浸透とともになまって、「Sheep(羊)」になったとか。

他には、羊の見た目がいかにも白い毛に覆われ、もこもこしていた為、羊飼いの男が数を数えているうちにうたた寝をしてしまった、という説も。
確かに羊自身の常に眠そうな表情といい、体を覆うふわふわとした体毛といい、見ているだけで眠気を誘います。

しかし近年では、その「羊を数える」という行為がむしろ不眠を助長している、という説も唱えられています。前述のように、考え事をすることによって脳は興奮し、刺激され、結果眠りからは遠ざかります。羊に罪はありませんが、「あれ?今ので何匹目だっけ?」と気にする神経質な人には逆効果と言えるでしょう。
羊を数える本当の意味、それは羊の数そのものではなく、暖かい陽気の中、羊が何匹も歩き回る牧歌的な高原を思い浮かべ、心を休ませる、落ち着かせる、というところにあるのかもしれません。そう考えると、羊も報われますね。
話を音楽に戻しますと、「安定したリズム」「単調な音の繰り返し」この条件を満たした音楽が良質な睡眠に効果的、ということになります。

寝るときにオススメの音と音楽

①自然界の音

寄せて返す波の音、小川のせせらぎ、流れ落ちる滝の音、小鳥のさえずりなどに高いヒーリング効果が期待できます。
水は一定の間隔で循環を続けているため、安定したリズムを生み出してくれます。耳触りも良いため、例えばハワイのリゾートなどをうっとりと連想しているうちにぐっすりと……といったことも。

②有名なクラシック音楽等

古くから親しまれているクラシック音楽なども、眠るときに聴く音楽としてお勧めです。
馴染みがある、聴いたことがある、という安心感が心地よい眠りを与えてくれるでしょう。

③クラシックのピアノアレンジ

ピアノの音、というのもリラックスにおいては非常に重要です。
子供の頃、習い事としてピアノ教室に通っていた方には特に効果が高いのではないでしょうか。
鍵盤を押す力によって音量の強弱はあるものの、耳に優しい音色、和音が生み出すハーモニーは、高ぶった神経を休ませてくれます。

④お気に入りのアーティストのバラード(あれば歌詞のないもの)

お気に入りのアーティスト等がいれば、奨んで聴きましょう。
歌詞のないもの、落ち着いたバラードなどが向いていますが、一般的なCDには当然ながら歌詞つきの曲が収録されています。
ボーナストラック等で、歌詞なしのものが入っていれば積極的に活用しましょう。

⑤子守歌

ねんねんころりよ、おころりよ、というフレーズで始まる子守歌。
幼い子供が聴くもの、と侮ってはいけません。実は、安定したリズム、単純な音階、耳に優しい歌詞……と、安眠の要素を全て備えている超ヒーリング曲なんです。
身近に歌ってくださる方がもしいるのなら、頼んでみるのも良いのでは?

まとめ:眠れる曲は穏やかで単調、そして自然なもの

睡眠に良い音楽とは
眠りたいのに眠れない。ぐっすりと寝て、元気に活動したいけれど、昼間も疲れて眠い、今夜も眠れない……。
これは今や、日本人の半数以上が抱えている悩みかと思います。寝なければ、と自身を追い詰めるのは逆効果。
好きな音楽を聴き、明日のことはひとまずどこかにしまい、心ゆくまで音楽を楽しみましょう。
そうしているうちに、自然と心が解きほぐされ、いつの間にか朝を迎えていた、心も体も軽くなった、そんな体験がきっとできます。
焦りは禁物と心得て、ご自分に合った癒しの一曲をぜひ探してみてくださいね。

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識