おすすめのマットレスはどれ?信頼できるベッドブランドリスト

おすすめのマットレスはどれ?信頼できるベッドブランドリスト

人におすすめしたくなるようなマットレスとは

皆さんは、”人におすすめしたくなるようなマットレス”を使っていますか?
人は生涯の1/4以上をマットレスの上で過ごします。人生を80年と考えると、約20年以上という計算です。
これだけ長い時間を過ごすわけですから、就寝環境は少しでも整えたいものですよね。
特に、全体重を預けるベッドやマットレスは、できる限り身体に良いものを使用したいところです。
しかし、製品が飽和している寝具市場から、本当に良いものを探すのは至難の業です。安い買い物ではありませんから、「せっかく買ったけどあまり身体に合わなかった…」なんてことは避けたいですよね。そこで今回は、安心して商品を購入できる”歴史と人気があるベッドメーカー”をご紹介いたします。

マットレスはどんなものがいい?

1.コイル内蔵マットレスのパイオニア「シモンズ」

アメリカの老舗ブランドでもあるザルモン・シモンズによって1870年に創設された、高品質で高級なベッドを提供しているブランドです。
スプリングコイルを不燃布で包み身体を点で支える、というマットレス構造を作った、コイル内蔵マットレスのパイオニアでもあります。

通常のマットレスに使用されるコイルは連結されていますが、シモンズのポケットスプリングは一つ一つのコイルが独立した構造ですので、背中や腰などを点で支えます。よって、体圧がかかる部分はコイルが深く沈み、圧迫がない部分は体の隙間を埋めるように沈まない、体の形状に合わせて変形するマットレスとなるのです。
それにより、肩や肘などへの圧迫が少なく、しびれを感じるようなことは一切ありません。また、コイル同士の干渉がなく振動が伝わりにくいので、夫婦や親子で一緒に横になっても、寝返りによる振動で起こしてしまう心配がありません。
マットレスだけで20万円以上とお値段は張りますが、高価さに見合うしっかりしたブランドですので、一生もののベッドを探す方に大変おすすめです。

シモンズのベッドを見る

2.一流ホテルでも多く利用されている「シーリー」

全米シェアNO.1であるシーリーは、1881年にアメリカ・テキサス州シーリータウンで歴史をスタートさせています。上述した”点で支える”ポケットコイルに対して、シーリーは連結コイルを使用しています。荷重がかかるほどサポート力も大きくなり、反発力が変化することで身体のラインにフィットするマットレスです。

熱処理を2回施したコイルは耐久性に優れ、荷重のかかる端部分は強力なコーナーガードでサポートしていますので、腰部の落ち込みもありません。価格は10万円弱から40万円代くらいが主流です。一流ホテルでも多く利用されており、ふんわりと雲の上のような柔らかい寝心地が得られます。

シーリーのベッドを見る

3.体圧分散のタイプが選べる「サータ」

サータはシモンズやシーリーと並ぶ一流ブランドで、全米ホテル売り上げNo.1の実績があります。
サータのマットレスにはポケットコイル式と連結コイル式の2種類があり、ベッドをゾーン分けして体圧分散を行っています
マットレスへのこだわりが強い方には、耐圧分散のタイプが選べるのは嬉しいですよね。
20~40万円クラスが主流で、高級感あふれる重厚なデザインも広く愛されています。

サータのベッドを見る

4.安心の国内老舗メーカー「フランスベッド」

日本国内でも最も知名度がある、身近なベッドブランドです。
フランスベッドという名称ですが、日本の老舗メーカーです。1949年の創業以来、日本人の体形に合わせ、日本特有の気候や風土に合わせたマットレスを製造しています。一般的なベッドだけに限らず、医療や介護・福祉用の商品も開発している点も安心ですよね。

フランスベッドは従来のスプリングに比べ2.5倍の密度がある高密度連続スプリングを開発し、効果的な耐圧分散を実現しました。
これにより、骨格がしっかりしている人や体重がある人が使用しても、歪み・変形・へたりが少なく長期間利用することができます。
生地にもこだわりがあり、高温多湿の日本の梅雨時期でもさらっと快適に使用することができます。
フランスベッドの低反発ウレタンを製造する技術には昔から定評があり、国内一流ホテルや官庁でも使用されています。品質に関してはJIS規格よりも厳しい管理がなされている上、リーズナブルなものから高級ベッドまで幅広く取り扱われているため、マットレスをお探しの方にはぜひ一度ご覧いただきたいブランドです。

フランスベッドを見る

5.迎賓館や宮内庁でも使用されている「日本ベッド」

1926年に創業された歴史あるベッドメーカーで、迎賓館や宮内庁などでも使用されている真の一流ブランドです。
同社のマットレスには通常のシングルサイズのポケットコイルの2倍にあたる約1200個のポケットコイルが使用されており、贅沢で安定感ある寝心地が得られます。
マットレスの価格は20万円代から、フレームとセットでの価格は40~50万円になります。

日本ベッドを見る

6.プロスポーツ選手に愛用される「東京西川」

東京西川は創業1966年、設立1947年の歴史を持つ、ふとんや寝具メーカーです。マットレス・エアー(AIR)など、多くのプロスポーツ選手に愛用されている人気商品も。
この高反発マットレスは、1860個の凹凸できめ細やかに体圧分散を行う為腰痛や肩が痛い人にも大変おすすめのマットレスです。宙に浮くような柔らかな寝心地が好評なこちらのブランドですが、10万円弱で手に入れることができるため、とても良心的ですね。

西川のベッドを見る


まとめ:おすすめのマットレスには理由があった!

いいマットレスには根拠がある
いかがでしたか?
マットレスをどう選ぶかで睡眠の質は大きく変わりますから、少しでも良いものを選びたいところです。上でご紹介したブランドはすべて、下記からお探しいただけます。ぜひご自分にぴったりなマットレスを手に入れて、快適な睡眠環境を整えてみてくださいね。
ブランド毎にベッドを見る

カテゴリー 最新記事寝具に関する知識