シーツと敷きパッドの徹底比較!快眠生活に最適なのはどちら?

シーツと敷きパッドの徹底比較!快眠生活に最適なのはどちら?

シーツと敷きパッド、どちらがいいの?

ふとんよりもベッドで生活する人が増えた現代、ベッドメイキングにこだわる方には、シーツか敷きパッドで悩んだことがある方も多いのでは?どのように選ぶのがより良い睡眠に効果的なのか、シーツと敷きパッドの両方を比較検証してみました。

bedシーツのメリット・デメリット

敷きパッドに比べ、シーツにはどのような特徴があるのでしょうか?メリット・デメリットの観点から調べてみました。

シーツのメリット

生地によりその性能が大きく左右されるシーツは、デザインや素材も耐久性があるコットンや、肌触りがなめらかなシルク、通気性のいい麻など好みや目的、季節に合わせて選ぶことができます。
敷きパッドに比べて厚みが無いため扱いやすく洗いやすいので、ベッドの睡眠スペースを清潔に維持する事が容易です。収納する際にも場所をとりませんし、値段もパッドに比べると安価なものが多くあります。

すぐに洗うことができなくても複数のシーツを自分のタイミングで使いまわすことができる手軽さも、シーツのメリットであると言えますね。
また、ベッドメイキングした際の見た目が美しいのも嬉しいポイントです。

シーツのデメリット

一方でシーツは薄いため、汗や汚れがマットレスに付着しやすいというデメリットがあります。
マットレスはふとんの様に洗うことが難しいので、長く清潔に維持したいのであればシーツだけだと心もとないかもしれません。また、シーツはパッドに比べよく洗うので、劣化も早くなります。

さらに、ベッドマットレスのタイプによってはシーツのすぐ下のマットレスが固く、寝心地や睡眠の質が損なわれる可能性もあります。固い方が寝やすい!という人にとって、すっきりと寝やすく管理もしやすいシーツは便利ですが、やわらかな寝心地にこだわる人にとっては、シーツだけでは物足りなさを感じる場合もありそうです。

おすすめのシーツはこちら

シーツ派の方におすすめしたいのはが、シモンズ社のコットン100%のシーツです。
コットンは肌触りもよく、通気性・吸汗性も高いのが特徴です。丈夫な素材なので、長持ちするのも嬉しいですね。快適な優しい肌触りで、夏は涼しく冬は暖かな睡眠環境をサポートしてくれます。おすすめの布団カバー

詳細はこちら

bedblue敷きパッドのメリット・デメリット

それでは、シーツに比べ敷きパッドにはどのような特徴があるのでしょうか?

敷きパッドのメリット

シーツに比べると厚みがある敷パッド(ベッドパッドとも)。大きな特徴として、汗取り用や寝心地調整用など様々なタイプがあり、場合によっては組み合わせて使うことができるという点があります。
そのためはシーツに比べると、より個人の目的に合せて選ぶことができ、寝心地調整用であれば寝姿勢を正す効果もあります。

ベッドはふとんに比べると、どうしてもマットレスの固さが睡眠の質に影響を与えやすいものです。敷パッドは、そんなベッドでの睡眠を快適にするためには欠かせないものであると言えるのではないでしょうか。
また、敷きパッドはシーツより厚みがあるため、寝汗を敷パッドに吸収させてマットレスを清潔に保ち、劣化を防ぐことができます。

敷きパッドのデメリット

一方、敷パッドはシーツに比べると厚みがある分洗いにくく、収納にもスペースが必要になります。そのため人によっては数日おきの交換が難しく、睡眠スペースの清潔さが気になる人もいるかもしれません。
また、素材などによって変動はしますが、シーツに比べると様々な効果がある分どうしても値段が高くなってしまいます。そして商品によっては寝返りなどの際にめくれやすいものもあるため注意が必要です。

おすすすめの敷きパッドはこちら

さて、そんなベッドパッドでオススメなのが西川産業の洗えるベッドパッドです。
コットンで吸汗性が高いのはもちろん、洗いやすく汚れが落ちやすいのが何よりの特徴です。シーツに比べると洗濯が大変になりがちな敷きパッドなので、ご家庭でも洗いやすいのはとても嬉しい点ですね。
おすすめのベッドパッド詳細はこちら

まとめ:シーツor敷パッドは環境によって選ぶべし

いかがでしたか?シーツや敷きパッドは直接肌に触れるので、睡眠への影響は絶大です。
シーツと敷パッド、どちらにもメリット・デメリットがありますが、ご自宅の収納スペースや洗濯環境等に応じ、ご自分に合ったものをゲットなさってくださいね。

カテゴリー 最新記事寝具に関する知識