市販の睡眠薬の効果とは?病院で処方される薬との違いと注意点

市販の睡眠薬の効果とは?病院で処方される薬との違いと注意点

眠れない時、市販の睡眠薬に頼るのはアリ?

市販の睡眠薬の種類

深刻な不眠に悩んでいる人の救世主、睡眠薬。
薬に頼らず眠れるのが理想ではありますが、「眠れない日々が続くよりはマシ……」ということもありますよね。
睡眠薬といえば医療機関で処方されるものだというイメージが強いですが、最近では市販されている睡眠薬もあるようです。
不眠の悩みを抱えている人にとっては手軽に入手できるのがメリットですが、何も知らずに服用するのは不安な面もあります。
市販の睡眠薬は医療機関で処方されているものとはどう違うのか、効果やメリット、使用に当たってどういった点に注意すべきなのかについて、ご紹介してまいります。

市販薬と医療機関の薬の違い

睡眠薬は病院で処方してもらうべき?

病院で処方される睡眠薬は「ベンゾジアゼピン系」

医療機関で処方される睡眠薬の多くは「ベンゾジアゼピン系」というものです。
この薬には、GABAという脳内神経伝達物質の分泌量を増やす効果があります。
GABAには脳の働きを抑制する効果があり、これによって不安を抑えたり、眠気を発生させたりしているのです。つまりベンゾジアゼピン系の薬剤は、直接的に体を眠らせるように仕向けるものだと考えていいでしょう。

市販の睡眠薬は「ジフェンヒドラミン」が主成分

これに対して、市販の睡眠薬の主成分は「ジフェンヒドラミン」というものです。
この薬剤は、体内のヒスタミンという体内物質の働きを抑える効果があります。
ヒスタミンは体を覚醒させる働きがあるため、この物質の働きを抑えることで眠気を発生させようというものです。
つまりどちらかといえば、間接的に体を眠らせるように仕向ける薬剤だと考えていいでしょう。
このため、市販の睡眠薬は厳密には「睡眠導入剤」ではなく「睡眠改善薬」という扱いになっています。

実はこのジフェンヒドラミン、もともとは睡眠薬として開発されたものではありません。
花粉症などの治療薬として開発され、現在でもその用途に使用されています。
花粉症のカギを握っているのもヒスタミンであるため、その働きを抑えることで症状を抑えるのが主眼だったのですが、副作用として眠気が生じてしまうというものがありました。
花粉症の薬を飲むと眠くなるというのはこのためで、市販の睡眠薬はこの副作用を逆手に取ったものだと考えていいでしょう。

市販の睡眠薬にはどのくらいの効果があるの?

強い睡眠薬と弱い睡眠薬

では、市販の睡眠薬にはどの程度の効果があるのでしょうか。
上にも書きましたように、この薬剤は睡眠導入剤ではなく睡眠改善薬という扱いになっていますので、医療機関で処方されている薬剤ほどの効果はないというのが実際のところです。
ジフェンヒドラミンはベンゾジアゼピン系の薬剤のように脳に直接働きかけるような薬剤ではなく、あくまでもヒスタミンの働きを抑えるだけのものだからです。

このため、医療機関での治療が必要なレベルの不眠症の人にはあまり効果がなく、使用をおすすめできるものではありません。
ただ、寝付きがちょっと悪いというレベルの症状でしたら、市販の睡眠薬でも十分に効果があります。
こういう軽度の症状を放置しておくと、次第に症状が重くなってしまい、医療機関での治療が必要なレベルになってしまう可能性もあります。

結論として、不眠症の初期症状を改善させるというレベルならば、市販の睡眠薬でも基本的に問題はないということになります。
そして、市販薬ですので、処方箋がなくても購入できるという入手しやすさは大きなメリットだといっていいでしょう。
価格の方も、例として6錠入1000円前後とそれほど高価なものではありません。
ちなみに、ジフェンヒドラミンによって眠気が生じるまでには、ある程度の時間が必要になってきます。
就寝30分前をめどに服用するのがおすすめだとされています。

使用に当たって注意すべき点は

睡眠薬は危ない?

ただ、ジフェンヒドラミンにも副作用はあります。
そもそも、ジフェンヒドラミン配合の睡眠補助薬そのものが薬剤の副作用を利用しているものですから、ある程度は仕方がないといえるでしょう。

一般的な副作用としては口の渇きや心拍数の増加、尿量の減少、便秘などが挙げられています。これは花粉症の薬として使用されていたときから指摘されているもので、こうした症状が出た場合には服用を控えた方がいいでしょう。
そして、注意してほしいのは「市販の睡眠薬は長期にわたって使用してはいけない」ということです。
それは、使用し続けると効果が出にくくなってしまうためです。

実際、海外では4回目の使用でほとんど睡眠薬としての効果が見られなくなったという報告もあるくらいです。
効果を得るために薬の量を増やし、重篤な副作用を招いてしまう危険性もあります。
市販の睡眠薬の使用は2、3回にとどめ、それでも効果がないならば医療機関を受診すべきだということになります。
付け加えると、ジフェンヒドラミンはアルコールと一緒に服用すると効果が強くなりすぎてしまい、危険だとされています。
市販の睡眠薬は、お酒を飲んだときには服用しないようにしましょう。

市販の睡眠薬は不眠症の程度によって効果を表す

市販の睡眠薬は手軽に入手できるうえに軽い症状ならば効果的なのですが、重い不眠症には必ずしも効果がないうえ、長期間の使用にも向いていないのが実際のところです。
あくまでも「一時しのぎ」と考え、効果がないと判断したらそれ以上服用せず、他の治療法を検討するようにするのが正しい使い方と言えそうです。

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識