睡眠障害とは?原因と改善方法を理解する

睡眠障害とは?原因と改善方法を理解する

睡眠障害
「夜眠れない」「日中眠気が起こる」など、何かしら睡眠に関する障害で悩みを感じている方は多いのではないでしょうか。
厚生労働省のページによれば、いまや、日本人の成人の約21%が何らかの睡眠障害で悩んでいるといわれています。そして日中の眠気を自覚しているのは約15%という調査結果もあるそうです。
成人の5人に1人が睡眠障害という中、あなたも決して例外ではないかもしれません。そこで睡眠障害で出る症状や種類、チェック項目、改善の手段などをご紹介します。

睡眠障害とは

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態の総称です。
例えば、「不眠」「日中、眠くて仕方がない」という状態や、睡眠中に起こる運動・行動、毎日の覚醒・睡眠リズムが乱れて戻せない状態などさまざまなタイプがあります。
原因は人それぞれ異なり、生活習慣やストレス、精神的な問題のほか、病気が原因のこともあります。

こうした睡眠障害は日常生活や社会生活を送るのに支障が生じるほか、集中力低下などによる事故にもつながる可能性もあります。長期化すればうつ病や生活習慣病の引き金となることもあるため、睡眠障害を自覚している場合はできるだけ早めの対策が必要です。

睡眠障害の種類

睡眠障害の種類
睡眠障害はおよそ100種類はあるといわれています。その代表的なものをいくつかみていきましょう。

不眠症

寝付きが悪い「入眠障害」、途中で目が覚める「中途覚醒」、早朝に目が覚めてしまいそれ以降眠れない「早朝覚醒」、ぐっすり寝た感じが得られない「熟眠覚醒」の4つがあります。いずれも眠りたいのに眠れない・眠りが浅いなどの問題による神経症です。

睡眠時無呼吸症候群

眠りにつくと呼吸が止まり、酸欠状態になることで一時的に睡眠が中断するものです。

過眠症

日中の眠気が強く、目覚めていられない状態になるものです。

概日リズム睡眠障害

人間に備わる1日周期の活動・休息リズムである「体内時計」が、一日の24時間周期と同調させられないために、身体的・精神的に異常が出て日中の活動が困難になるものです。

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)

夕方から夜にかけて下肢を中心にむずむずするなどの異常な感覚が起こり、不眠や過眠をきたすものです。

睡眠時随伴症

いわゆる夢遊病といわれる「睡眠時遊行症」や、夢を見ながら大声をあげたり、体を激しく動かしたりする「レム睡眠行動障害」などのことです。

睡眠障害のチェック項目

もし自分が睡眠障害かもしれないと思ったら、次のチェック項目を確認してみてください。

・床についてから寝つきに時間がかかることが週3回以上ある
・夜、何度か起きてしまうことがある
・昼間にひどい眠気がくる
・朝、起床時刻よりも早く起きてしまうことが多い
・毎日、寝る時間が一定ではない
・日中の仕事中、集中力がすぐに切れることが多い
・人と話しているときでも急に眠気が来て眠ってしまうことがある
・いびきがひどいと人から指摘されたことがある
・寝ている間に呼吸が止まっていると指摘されたことがある
・床についた途端、足がむずむずする
・昼夜逆転していて正しいリズムに戻せない

睡眠障害の改善の手段

睡眠障害を解消
もし、このチェック項目にあてはまるものが多かった場合は、睡眠障害の可能性があります。まずは医療機関で診察・検査・診断を受けるのをおすすめします。
ちょっとした症状でも、それが大きな病気が潜んでいる可能性もあるからです。症状によって内科、精神科など受診すべき科目が異なりますので、適切な治療を行うためにも自己判断せず、まずは病院に電話で症状を伝えて適切な科目を聞くのがいいでしょう。

また、もしかすると、睡眠の環境がよくない可能性もあります。
その場合には、騒音がうるさくないか、部屋の温度や明かりは問題ないか、寝具は合っているかなど今一度チェックしてみましょう。ちょっとした改善をすることで眠りやすくなることもあります。

カテゴリー 最新記事睡眠障害