睡眠が健康に及ぼす影響とは?多くの効果が期待できる眠りについて

睡眠が健康に及ぼす影響とは?多くの効果が期待できる眠りについて

眠る女性

睡眠は健康に関係していると聞きますが、「睡眠」の何が健康に関わっているのでしょうか?また「健康」が睡眠に及ぼす影響とは何なのでしょうか?この記事では、睡眠を私たちがどのように習慣付ければ健康を得られるのか、そして健康を得るために睡眠がどのように関係しているのかについてご紹介します。

睡眠と健康の関係性とは?

体調不良の年配の女性

健康を保つためには、良質な睡眠をとることが欠かせません。また、健康的な生活習慣を送ることは、良質な睡眠を得ることにつながります。では、さまざまな原因から私たちが睡眠不足に陥ったとき、健康に対してどのようなリスクがあるのでしょうか?

睡眠不足になると生活習慣病に?

睡眠不足が生活習慣病のリスクを高めてしまうことが分かっています。例えば、糖尿病は生活習慣病の一つですが、眠つきが悪い、途中で目が覚めてしまう、明るくなって朝が来る前に起きてしまうといった睡眠不足の人は、糖尿病リスクが1.5~2倍に上がることが知られているのです。生活習慣病は運動・禁煙・栄養摂取バランス・節酒そして睡眠の5つが引き金になって起こる病気。これら5つの内、睡眠は他の4つの要因とも相関関係にあります。

睡眠が脳に及ぼす影響

睡眠の目的は、脳や身体を休ませることにあります。脳は、睡眠中も活動してはいるのですが、寝ている間以外の活動時は脳が身体に指令を出し、動きの一つ一つ、考えの一つ一つに現れます。睡眠時間が長過ぎるときや睡眠不足のとき、朝起きてもリフレッシュできておらず、頭がボーッとしていることはありませんか?良い睡眠ができていないと、日中に五感で感じた記憶や情報が整理できずに、記憶すべきことが定着されない傾向にあります。

心も健康になる睡眠

良質な睡眠が、心を健康に導くことは皆さんもご存じですよね。日中に活動すると、脳に老廃物が蓄積されます。この老廃物が脳から体外へ排出するためには、睡眠が欠かせません。しかし、ひとたび睡眠不足に陥ると、脳に老廃物が溜まってしまいます。こうして睡眠不足が慢性化すると、睡眠時間の不規則さや、睡眠が十分にとれない、日中の疲れが取れないことによるストレスから、過眠症や睡眠時随伴症、概日リズム睡眠障害といった睡眠障害を引き起こすことになりかねません。こうした睡眠障害が引き金になり、鬱などの精神疾患が発症する場合もありますので、睡眠環境を見直すことが大切です。

睡眠をとるとこんな効果も!

健康的なシニア

質の良い睡眠をとる習慣が身につけば、心身ともに良いことばかり。人生の3分の1は睡眠時間とされるほど、人生の中で多くの時間を費やす睡眠は、なぜおろそかにしてはいけないのでしょうか。ここでは、その理由について解説します。

健康長寿の秘訣

アメリカで実施された、100万人以上の被験者を対象とした大規模な調査では、睡眠時間が7時間前後に該当する人ほど、死亡率が低い傾向にあることが分かりました。日本国内で行われた10年間にわたる追跡調査でも、40歳から79歳の男女10万人のうち死亡率が一番低かったのは、睡眠時間が7時間の人たちだったのです。健康を保つ1つの要因として考えられるのは、入眠から3時間くらいで分泌される成長ホルモンのおかげで、免疫力を回復することができていると考えられます。一方で、7時間よりも睡眠時間が極端に短い人や長い人は、寿命が比較的短くなる傾向にあるようです。まだ詳しい原因は判明していないものの、睡眠時間と長寿が関係していると考えられます。

女性に嬉しい美に関係する

睡眠はアンチエイジングにもメリットをもたらしてくれます。睡眠は皮膚の細胞を再生したり、シワを減らしたり、骨密度を維持するといった働きに貢献します。こうした働きは成長ホルモンが分泌されるからこそ期待できるのであり、成長ホルモンの分泌を促すためには良質な睡眠をとることと、メラトニンというホルモンを健全に分泌させることが大切です。メラトニンは朝に光を浴びて起床し、夜に入眠するというサイクルを続けると、分泌を促すことができます。

さまざまなパフォーマンスが向上する

短くても集中して良質な睡眠時間を得られるのであれば、脳を休めてリフレッシュすると疲れが軽くなり、パフォーマンスが向上します。これは夜中の睡眠だけではなく、日中に眠気を感じたときにも有効な手段だといえます。できるのであれば、30分ほど睡眠(仮眠)をとってみるといいでしょう。「嫌なことは寝て忘れよう」とまではいきませんが、疲労が軽減されているはずです。

子供の成長にも関わりが!

睡眠習慣をしっかり身につけている子供は心身ともに健康に成長していきます。子供の頃は骨の成長が著しいのはご存じですよね。成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるため、子供の骨の成長や心身の成長を支えるために、睡眠は欠かせません。

心も身体も健康に!

質の良い睡眠をとると、翌朝に向けて心身ともにリフレッシュした状態で朝を迎えられます。大人の場合は年齢を重ねると疲れが取れづらくなり、スキンケアやエクササイズの効率が下がっていく傾向にありますが、質の良い睡眠習慣を維持できれば、アンチエイジングにも良い効果をもたらすことが期待できるのです。一方で、睡眠の質や時間量が適切でないと睡眠障害を招き、生活習慣病や心疾患を発症するリスクを高めてしまいます。ご自身の生活に合わせた睡眠習慣を、今一度見直してみませんか?

カテゴリー 最新記事睡眠に関する知識