【寝室が寒い!】寝るときに適した環境と寒さ対策について解説

【寝室が寒い!】寝るときに適した環境と寒さ対策について解説

布団にくるまる子ども

冬になるとせっかく眠りについても寒さで起きてしまったり、寝室が寒くてなかなか寝付けなかったりと悩む方が多くなっています。このように睡眠が取りづらい状況や環境では、十分に疲れが取れません。

今回は、寝室が寒いと感じる理由や寝るときの環境の注意点、寝室の寒さ対策について解説します。

寝室が寒いと感じるときは?

寝室が寒いと感じるのには、どのような原因があるのでしょうか。人間が快適に感じる寝室の環境や、寝室を寒く感じてしまう理由について見ていきます。

快適な寝室の温度とは

人間が快適に感じる寝室の室温は、16〜19度ほどといわれています。もちろん、これより暑くても寒くても寝ることはできますが、この温度の範囲内にあると何も工夫せずとも、質の高い睡眠が得られます。しかし、日本の冬はこの温度よりも寒くなるので、睡眠によって疲れを取るためには工夫が必要です。

居間が暖かすぎることも

寝室が寒く感じる理由の一つに、寝室に入る前に居た部屋の気温が、重要な要素として挙げられます。居間(リビング)が暖かだったり、風呂場が暑かったりすると寝るために寝室に入ったとき、寒さを強く感じてしまうからです。このような体感の変化交感神経を刺激するので、入眠しづらくしてしまいます。

寒い寝室の注意点について

寒い人

寒い寝室はただ単に眠りにつきづらくなったり、睡眠の質が下がって疲れが残りやすくなったりするというだけでなく、深刻な病気の原因にもなります。「寝室が寒いくらい平気だ!」と思わずに、寝室が寒いことによって起こる弊害について見ていきましょう。

寒暖差にご用心!

寒い寝室によって引き起こされる病気の中で、最も深刻なのが心筋梗塞脳血管疾患のリスクが高まることです。寝室が寒いとリビングから寝室に入ったときや、夜間にトイレなどに起きるときに暖かい布団から寝室の寒さに急にさらされることによって血圧が急上昇します。高齢者など、動脈が弾力を失っていたり、もともと血圧が高かったりする人は、温度差によってもたらされるこの急激な血圧上昇に堪えられず、心筋梗塞や脳血管疾患を起こす可能性があるのです。

湿度もチェック

寒い寝室は気温だけでなく、湿度が下がっていることも多くなっています。湿度が下がると喉の粘膜が炎症を起こしやすくなったり、肌が乾燥したり、睡眠の質の低下にもつながるのです。空気を乾燥させないためにも、温度だけでなく湿度もチェックするようにしましょう。もし寝室が乾燥し過ぎているようなら、加湿器などで寝室の湿度を上げる工夫をすることが必要です。

風邪をひかないために

寒い寝室で寝ていると体温が下がりがちになります。体温が下がると人間の免疫はパフォーマンスが下がってしまうので、風邪をひく原因になってしまうのです。風邪をひかないためには適切な方法で、寝室を暖かくする必要があります。

寝室が寒いときの対策方法

温度計を持つ人

寝室が寒いときは、どのような対策をとればいいのでしょうか。暖かい寝室でぐっすりと眠るために、身体を温めるためにできる対処法についてまとめました。

暖房器具を使用する

最も効果的な方法の一つが暖房器具を使用することです。エアコン、電気ストーブ、ファンヒーター、オイルヒーターなどを使うことで、効果的に室温を上げることができます。電気代や消費電力が気になる方は、湯たんぽといった昔からある商品で、身体を温めるのもおすすめです。また最近では、パネルヒーターなどの人気商品も出ていますので、機能やお値段をチェックしてみましょう。

布団乾燥機を使う

布団乾燥機を使うことも寒い冬には効果的です。布団は湿っていると冷たく感じるので、乾燥させ空気をより含ませることで断熱効果を期待できます。また布団乾燥機自体の熱で布団も暖まるので、寒い寝室でも眠りにつくことができるでしょう。

雨戸やカーテンをする

寝室の熱は、主に窓から失われます。窓の外は外気ですので、窓に触れた室内の空気が冷やされ、それが部屋の中に広がり、室温を下げてしまうのです。室内の空気が冷えるのを防ぐために、雨戸を使って外気の寒さの影響を受けにくくしたり、カーテンを使って冷やされた空気が部屋に広がったりするのを防ぐことができます。冷気は下に向って移動するので、カーテンは床につくくらいのものが効果的です。

暖かい格好をする

暖かい格好をするのもぐっすり眠るためには効果的です。体温調整がしやすいように、カーディガンなどすぐに脱げるものが良いでしょう。室温を温める対策と同時にすると、更に効果を得やすくなります。

布団を見直す

布団は寝ている間に身体を包むものですので、布団を見直すことで睡眠環境を整える効果が期待できます。寝室が寒い人は羽毛布団などの断熱性能が高く暖かい布団を使う、毛布のタイプやサイズするなどの検討をしてみましょう。毛布は掛け布団の上に掛けると、熱が逃げづらくなり効果的。またベッドではなく、布団を敷いて寝ている場合は、布団の下のカーペットを見直すと大きな効果を得ることができます。冷気は下からくるので、布団やベッドの下の対策が重要です。

寒い寝室は要注意!

寒い寝室は寝付きを悪くし、睡眠の質を低下させます。それだけでなく、心筋梗塞や脳血管疾患のリスクを高めるので、「寝室が寒いくらいなんでもない」と甘く見ずにしっかり対策することが必要です。防寒対策として暖房器具やカーテン、雨戸、電気毛布などを効果的に使うことで、室温や寝ている間の身体を温め、睡眠の質を良くすることができるでしょう。

カテゴリー 最新記事寝具に関する知識