眠りのメカニズム

眠りつわりについて知りたい!原因と症状から対策方法までご紹介

「眠りづわりって何?」や「対処方法はあるの?」と、眠りつわりについてさまざまな疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?今回は、そんなママたちのお悩みを解決するために、眠りつわりのメカニズムや症状、治まる時期、対処法について、わかりやすく解説します。 眠りつわりについて知りたい! 「眠りつわりとは何か」、「眠りつわりのメカニズム」、「いつ頃まで続くのか」、これら眠りつわりの基本的な内容について […]

夢を忘れるのはどうして?覚えているものとの違いや特徴などまとめ

みなさんは最近どのような夢を見たでしょうか? 寝ているときに見る夢は、良い夢である場合もあれば、うなされるほど悪い夢を見るときもあります。良い夢であれば起きた後も覚えていたいものですが、そんな夢ほど簡単に忘れてしまい、反対に忘れてしまいたいような悪夢ほど頭から離れない、そんな経験はありませんか?夢を自由に忘れたい、その逆に覚えていたいと思う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、忘れる夢と覚 […]

長時間の睡眠はダメなの?過眠が及ぼす影響とメリット・デメリット

皆さんは毎日何時間くらい睡眠をとっていますか。 睡眠時間が短いと、昼間に眠くなって勉強や仕事に集中しづらくなり、労働生産性を大きく落としてしまいます。中には授業中や会議中に居眠りをしてしまったり、電車の駅を乗り過ごしてしまったりするなどの経験をされた方もいるかもしれません。 一方で、睡眠不足解消や寝不足を恐れるあまり、長すぎる睡眠をとってしまい、かえって体の不調を感じてしまうことも……。 睡眠時間 […]

熟睡する方法を知りたい!快眠につながる習慣と眠りを妨げるコト

2017年の新語・流行語大賞では、“睡眠負債”がランクインして、今や睡眠不足の悪影響や良質な睡眠環境に対する関心が高まっています。 睡眠不足の生活が長く続くと、身体に蓄積した疲れや自律神経の乱れが原因となって、睡眠障害を招きかねません。熟睡するのが難しい生活環境を見直して、ぐっすり眠るためにはどうしたらいいのでしょうか? 快眠のためにぜひ取り入れたい習慣と、熟睡を妨げるNG習慣を取り上げてご紹介し […]

寝相が悪い原因は睡眠環境の寝苦しさから?対策方法と病気の可能性

眠っている時の自分の姿=寝相は、どうなっているのかわからないもの。 寝相は人によって癖があり、同じ方向を向いて寝なければ眠れない人もいるほど……。 足を投げ出して寝ている方、半回転して頭と足が逆になってしまう方など寝相は人それぞれです。 でも実は、寝相が悪いのは癖や習慣だけではありません。 この記事では、寝相が悪くなる原因や考えられる病気の可能性、睡眠環境の改善策についてご紹介します。 寝相が悪い […]

眠りが浅いと感じる時に!睡眠の状態と原因・弊害などを解説

「眠りが浅くてなんだか疲れが取れない……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 眠りが浅いせいか、脳が冴えているような感覚がして“夢”ばかり見るという方も多く、慢性的な疲労感につながります。 生活習慣を整えることや生活環境を変えることも、眠りの指標である睡眠深度を高めるには効果的です。 ここでは、眠りが浅い状態とはどんな状況にあるのか、眠りが浅いことにつながる原因・眠りが浅い状態が続いた結果に […]

赤ちゃんが眠くなるのはどんな時?寝かしつける方法15選

赤ちゃんが眠くなるのを待っている間に、自分が寝てしまった……なんて経験のある方は多いのではないでしょうか? 働きながら子育てをするパパ・ママにとって、赤ちゃんが夜寝てくれないというのは切実な問題ですよね。 今回は、赤ちゃんを上手に寝かしつける15の方法をご紹介して参ります。 赤ちゃんが眠くなる15の方法 1.寝かしつける人の気持ちを整える まずは、寝かしつける人自身の気持ちを穏やかにすることが大切 […]

寝ても疲れが取れない!疲労回復の為に寝る前にやること10選

最近、寝ても疲れが取れないという方が非常に増えています。 睡眠時間が短い方はもちろんですが、長時間寝ても疲れが取れないという方もたくさんいらっしゃいます。睡眠の質が悪いと、長時間寝てもなかなか疲労を回復することができません。今回はその対策として、”疲労回復のために寝る前にやるべきこと10選”をお伝えしていきます。 1、ぬるめのお風呂にゆっくりつかる 入浴には汗や汚れを洗い流すだけでなく、リラックス […]

レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す!眠りのメカニズム

睡眠において重視すべき点は、睡眠時間の長さだけではありません。時間の長さと同じくらい、睡眠の質も大切です。そして「質の良い睡眠」には、法則性があります。 睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類があり、人は睡眠時にこれら2種類を交互に繰り返しています。レム睡眠とノンレム睡眠を一定の時間ずつバランス良く取ることができれば、ぐっすり気持良く眠れ、スッキリと目覚めることができるでしょう。しかし実際 […]